キヤノンのデジタルカメラ

EOS 5D Mark IVとは

EOS 5D Mark IVはキヤノンが開発・販売しているデジタル一眼レフカメラ。2016年9月に発売されている。

概説

‎EOS 5D Mark IVは高性能のフルサイズCMOSセンサーを搭載しており、有効画素数3040万の高画素化と高感度化の両立を成功させている。また、ダスト除去機能を有しているののも特徴で自動あるいは自らでダスト除去ができる点も特徴になる。

撮影時におけるホワイトバランスなどの光源についても内蔵されているコンピュータが判断しバランスを調整するなど、撮影においてコンピュータが補助する機能が多く搭載している。ノイズを低減する機能についても同様、コンピュータが自動で判断し、ノイズを低減するなど写真撮影において静止画を撮影する上で写真を美しく撮る機能を優先している。

機能・性能

‎EOS 5D Mark IVのスペック

有効画素数:3040万画素
撮像素子:フルサイズ
連続撮影可能速度:約7コマ/秒
シャッタースピード:1/8000~30秒
ISO感度:標準:ISO100~32000
測距点:61点
サイズ:120.0×66.9×59.7mm
質量(本体のみ):約890g
カードスロット:CFカード、SD、SDHC、SDXCメモリーカード
動画記録方式:4K 30P、フルHD 60P、HD 120P等
タッチパネル画面サイズ:3.2インチ

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。