5W1H

5W1Hとは

5W1HはWhen(いつ)Where(どこで)Who(誰が)What(何を)Why(なぜ)に加えてHow(どうやって)を加えた標語で、物事を伝える際に必要となる要素を明示的にしたもの。ビジネスにおける考え方の基本的なものとされている。

概説

5W1Hは物事を説明する際や共有する際などに互いに認識にズレを発生させないために必要で、特にビジネスにおいて活用されることが多い用語。

何らかのプロジェクトを進める場合、長く付き合いがあり、互いにある程度認識の共有がある場合は細かな報告や設定をしなくても共通認識として行っていく事ができることがあるが、あまり互いのことが分からない状況の場合はそうした前提が無いため、やってくれると思った、といったことや、やる必要があると思わなかった、という事が往々にして起こりやすい。そのため、一つ一つの事象に対して責任と対象を明確にして、やることの漏れを無くすために5W1Hは活用されている。
また、何かを説明して説得する際などにも5W1Hは活用され、それぞれの要素を明確にして順序立てて話すことで、相手に内容が伝わりやすくなる。

なお、5W1Hに関しては対象によって異なるものの、順に設定すると論理構造がより明確になることもあり、共通認識を深めるためには説明する順番にも注意したい。
ちなみにこの標語には他に、Whom(誰に)を加えた6W1HやWhomとHow much(いくら/いくつ)を追加した6W2Hというのもある。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。