アヒージョ

アヒージョとは

アヒージョ(ajillo)はスペインでおつまみなどに該当するタパスという小皿料理の一種。アヒージョ自体はニンニクという意味になり正確には海老のアヒージョや鶏肉のアヒージョなどという名称で呼ばれている。

特徴

アヒージョはスペインでも内陸部にあたるマドリード以南で食される事が多い料理で、主にバル(スペイン語でバーの意)などで提供される事が多い。アヒージョは食材をニンニクとオリーブオイルで煮込む料理で、調理後は熱を持つため、器は耐熱素材を陶器が使われている。

食材としてはメインとして海老、イカ、牡蠣などのような魚介類などを使用する事が多いが鶏肉などのようなあっさりとした肉も使われる事がある。そのメインとなる食材に加えキノコ類やアボカドなどのような野菜を使う。そして隠し味として鷹の爪などを用いてやや辛くする。

料理はフランスパン(バケット)など固めのパンと相性が良く、そのパンに載せて食べるのも美味。合わせる飲料としてはワインが多い。
なお、アヒージョは日本においても人気が高く、様々な食材と合わせてアヒージョを作る人が増えており、アヒージョの素が食品メーカーから発売されていたりもする。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。