アンドロイド

Android(アンドロイド)とは

Android(以下、アンドロイド)は主にスマホやタブレット用のOSになりGoogleが開発している。近年ではTV用にAndroid TV、自動車用にAndroid AutoなどIoT時代を意識し他の媒体・端末にも積極的に拡張展開している。2019年時点では世界最大のモバイルOSになる。

概説

アンドロイドは2003年にアメリカにて携帯電話向けのOSを開発する会社として設立され、その後2005年にGoogleが買収した。その後2007年にGoogle、クアルコム、TモバイルなどがOSとしてのプラットフォームであるアンドロイドを発表、以後スマホ・携帯電話を中心に汎用的に活用されていくことになる。汎用的なユースケースに柔軟に対応した事が奏功したのか、現在はiOSを凌ぎスマホOSでの世界一のシェアを誇る。

なお、アンドロイドはオープンソースライセンスとなり誰でも開発を行う事が可能。

特徴

アンドロイドOSのスマホはユーザーインターフェース(画面を含めた使用感)をメーカー独自に開発する事が可能。そのためメーカー独自の様々な設計を施したスマホが誕生している。

大まかな仕様はiOSと同じくインストールしたアプリケーションのアイコンが画面に並びダブルタップしてそれらを起動させる。

iOSとの大きな違いは画面上部をスワイプすると現れるステータスバーと呼ばれる、各機能のONとOFFを切り替えられるボタン群になる。この機能を使う事でスムーズに設定情報を切り替える事が出来るようになる。またこの領域にはSMSやアプリの通知メッセージが受信表示される事もあり、通知バーと呼ばれる事もある。

アプリケーション

アンドロイドOSのスマホアプリはiOSスマホアプリとは異なり、App Storeからダウンロード・インストールする事は出来ない。アンドロイド用のアプリはGoogleが開発しているGoogle playよりインストールが可能である。なお多くの会社のアプリはiPhone用にiOS版のアプリを、アンドロイドOS版スマホ用にアンドロイド版アプリをそれぞれ開発しており、機能・条件面で差は無いケースが殆ど。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。