アンテロープキャニオン

アンテロープキャニオンとは

アンテロープキャニオン(Antelope Canyon)はアメリカ合衆国アリゾナ州にある渓谷で、特異な砂岩が醸し出す幻想的な光景が人気となっている名所。複雑な地形は雨水によって削られて形成されていると言われ、また毎年鉄砲水によって形状が少しづつ変化しており、滑らかでありながら不思議な曲線を描いている。なお先住民族ナバホ族の居住区域内に位置し現在も管理はナバホ族が行っている。なお、過去に事故が発生した事もあり、雨天時は入場禁止になる事もあるなど、雨天時は観光にあたっては注意が必要。

アッパー/ローワー・アンテロープ・キャニオン

アンテロープ・キャニオンは二層からなり、アッパー部(上部)とローワー部(下部)の見所があり、場所もそれぞれ数キロ離れた場所に位置する。アッパー部よりもローワー部の方が階段が多い、狭いなど違いはあるがどちらも多くの観光客を惹きつけている。なお観光客に人気なスポットである空から光が差し込む光の柱が指すエリアはアッパーキャニオンになり、アッパーキャニオンとローワーキャニオンではアッパーキャニオンの方が観光客は多い。

アクセス

アンテロープ・キャニオンの最寄りの街となるページまでは大きな都市で言えばラスベガスが一番近く、ラスベガスからレンタカーやツアーバスでのアクセスが一般的。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。