アップルカード

Apple Cardとは

Apple Card(アップルカード)は米Apple社が提供している決済用のアプリケーションであり、クレジットカード。Apple Cardは2019年3月26日に行われたイベントにて発表され、同年8月よりアメリカにてサービスが開始された。なお日本では法律などをクリアする必要があり、2019年11月時点ではサービスは開始されていない。
なお発行はゴールドマンサックスが、クレジットカードの国際ブランドはマスターカードとなっている。

Apple Cardの特徴

アップルカードは基本的にはApple payと連動したモバイル決済になりiPhone・iPadなどのApple製のデバイスが必要になっている。また店舗などで使用する為の物理的なカードも存在する。このカードはチタン製になっており表面にカード番号やCVVセキュリティコード、有効期限や署名欄は表示されていない。固有の番号はiPhoneの端末ごとに発行され、Face IDやTouch IDで認証する際に発行されるワンタイムコードを用いて決済する。

またデイリーキャッシュと呼ばれる即日に行われるキャッシュバックシステムがあり、通常の買い物時は2%、Apple製品の購入時は3%、Apple Payを介さないカード使用時は1%とそれぞれ使った費用に応じて還元される。
なお、年会費や海外決済手数料、延滞手数料は発生しない。
また、ソフトウェアを無効にするなど端末に不正な変更を加えるとアカウントへのアクセスが拒否・制限される。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。