AR

ARとは

AR(Augmented Reality)は拡張現実と呼ばれるように現実の世界の情報を広げるための技術のこと。具体的に現在展開されているサービスでは現実の風景にスマホやAR用の機器を重ねるなどした際に付加情報が表現される。

概説

ARは似た技術であるVRとしばしば比較されるが、VRが現実とは異なる世界を展開し、その中で楽しむものだとすれば、ARはあくまでも現実世界をベースにして楽しむためのものになる。そのため、完全な別世界を構成するVRよりもARの方がより日常に即した形での応用が考えられ、ゲームに留まらずに商品の販促などに活用すべく企業も注目している。
ARが広まりつつある背景には、ITの技術的な進化に加えてゲームタイトルが人気を獲得したことも大きい。
特にポケモンGOなどの家以外でも楽しめるARゲームの存在は、消費者の行動にも影響を与える事に繋がっており、あらたな市場の可能性を提示している。

またARは世界に没入するために大きなゴーグルを必要とする事が多いVRと比較しても、スマホやサングラスなどをディスプレイとして楽しめるため、機材に関するハードルが低く多種多様なデバイスが既に登場している。

ARを活用した主な作品

ARを用いた作品は幅広い分野で登場しているが、主なタイトルは以下の通り

Pokémon GO
・Word Lens
・Wikitude
・セカイカメラ
・Ingress
・IKEA Place

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。