有馬記念

有馬記念とは

有馬記念(ありまきねん)とは日本中央競馬会(JRA)が開催するGIレースの一つで、千葉県にある中山競馬場で年末に行われている。一年の最後を締め括る総決算的な要素が強いビッグレースで、非常に人気が高く、1996年には競馬の1レースあたりの売上としては世界の競馬における史上最高額である875億104万2400円を記録したこともあり、その記録はギネスにも認定されている。

概説

有馬記念は中山競馬場の2500mという距離で行われるため、スピード・スタミナが要求され、出走する馬も日本・海外を問わずトップクラスの精鋭が揃うため終始激しい攻防になりやすく、立ち回りの上手さや精神的な強さが求められる。そのため、競走馬の実力だけではなく騎手の技量もレースを大きく左右する要素になる。

また、それまではレースで対決する機会が余り無い3歳馬と古馬のトップクラスが入り混じるため、世代を超えた頂上決戦という意味でも注目が集まる。

出走資格を持つ馬に関して言えば2歳馬を除き、牡馬、牝馬、せん馬や地方競馬所属馬、または外国馬も出走することが可能で、JRA所属馬に関してはファン投票を行い10位までに入れば出走の権利を得る事が可能。それ以下の馬は獲得賞金順に出走資格を得る事が出来る。

なお、有馬記念の第一回は中山グランプリ(二回目以降に有馬記念というレース名に変更された)という名称で始まった事もあり、冬のグランプリと呼ばれる事も多い。ちなみに有馬記念が始まった当初、距離は2600mで行われており、第11回となる1966年より2500m戦に変更されている。

有馬記念は年末ということもあり、多くのスターホースが引退レースに選ぶ事も多く、1年ぶりに復帰したトウカイテイオーの優勝やオグリキャップの復活など劇的なレースも数多く繰り広げられている。

歴代優勝馬

有馬記念の歴代の優勝馬は以下の通り

優勝馬
1956年 メイヂヒカリ(牡4)
1957年 ハクチカラ(牡4)
1958年 オンワードゼア(牡4)
1959年 ガーネツト(牝4)
1960年 スターロツチ(牝3)
1961年 ホマレボシ(牡4)
1962年 オンスロート(牡5)
1963年 リユウフオーレル(牡4)
1964年 ヤマトキヨウダイ(牡4)
1965年 シンザン(牡4)
1966年 コレヒデ(牡4)
1967年 カブトシロー(牡5)
1968年 リュウズキ(牡4)
1969年 スピードシンボリ(牡6)
1970年 スピードシンボリ(牡7)
1971年 トウメイ(牝5)
1972年 イシノヒカル(牡3)
1973年 ストロングエイト(牡4)
1974年 タニノチカラ(牡5)
1975年 イシノアラシ(牡3)
1976年 トウショウボーイ(牡3)
1977年 テンポイント(牡4)
1978年 カネミノブ(牡4)
1979年 グリーングラス(牡6)
1980年 ホウヨウボーイ(牡5)
1981年 アンバーシャダイ(牡4)
1982年 ヒカリデュール(牡5)
1983年 リードホーユー(牡3)
1984年 シンボリルドルフ(牡3)
1985年 シンボリルドルフ(牡4)
1986年 ダイナガリバー(牡3)
1987年 メジロデュレン(牡4)
1988年 オグリキャップ(牡3)
1989年 イナリワン(牡5)
1990年 オグリキャップ(牡5)
1991年 ダイユウサク(牡6)
1992年 メジロパーマー(牡5)
1993年 トウカイテイオー(牡5)
1994年 ナリタブライアン(牡3)
1995年 マヤノトップガン(牡3)
1996年 サクラローレル(牡5)
1997年 シルクジャスティス(牡3)
1998年 グラスワンダー(牡3)
1999年 グラスワンダー(牡4)
2000年 テイエムオペラオー(牡4)
2001年 マンハッタンカフェ(牡3)
2002年 シンボリクリスエス(牡3)
2003年 シンボリクリスエス(牡4)
2004年 ゼンノロブロイ(牡4)
2005年 ハーツクライ(牡4)
2006年 ディープインパクト(牡4)
2007年 マツリダゴッホ(牡4)
2008年 ダイワスカーレット(牝4)
2009年 ドリームジャーニー(牡5)
2010年 ヴィクトワールピサ(牡3)
2011年 オルフェーヴル(牡3)
2012年 ゴールドシップ(牡3)
2013年 オルフェーヴル(牡5)
2014年 ジェンティルドンナ(牝5)
2015年 ゴールドアクター(牡4)
2016年 サトノダイヤモンド(牡3)
2017年 キタサンブラック(牡5)
2018年 ブラストワンピース(牡3)
2019年 リスグラシュー(牝5)
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。