アロマテラピー

アロマテラピーとは

アロマテラピーは精油(芳香剤付きオイル)を活用して行う民間療法のこと。

概説

アロマテラピーは、西洋社会では昔から行われている民間療法の一つだが、近年女性を中心に日本でも一般的になってきている。特徴としては植物やハーブの精油を使いその精油を身体に刷り込ませることや、匂いを楽しみリラックスした状態で治療を行うものになる。

香料植物は古代より焚香料として使われていたものでしたが、12世紀になアラビアからヨーロッパに向けて医学や錬金術が伝わった際に、医療の現場で精油が広く使われるようになった。
またお酒が一般的になるに連れて発達していった蒸留の技術により、精油や芳香蒸留水として薬用酒としても広まっていった。14世紀になり、世界的にペストが流行した際にはアロマテラピーがその治療にも利用されたほど。その後ヨーロッパ全域でハーブの栽培が一般的に行われるようになったことや、蒸留器が簡単に手に入るようになったこともあり、中流家庭でも簡単に芳香蒸留水を作ることができるようになった。

特徴

アロマテラピーを行うのは医師では無くあくまで民間のスタッフであるため、病気を治療するといった表現は行っていないが、現代社会ではストレスが原因となることにより起こる病気で悩んでいる人も少なくなく、アロマテラピーのリラクゼーション効果が見直されるようになっている。特にストレスが原因となるうつ病といったような精神的な疾患への対処療法として注目されている。他ではアロマオイルと配合されたハーブの持つ殺菌作用を用いてせっけんなどにアロマオイルが配合されている。

日本でのアロマテラピーに関して、現在では病院などでリラクゼーションを目的として用いられるケースや、アロママッサージをはじめとした民間のリラクゼーション施設で利用されるものに利用される機会が多い。
また、日本でも一般的にアロマ精油が手に入りようになったこともあり、家庭や職場といったよな環境でも、気軽にアロマテラピーを行うこと環境が整ってきている。
ただし、精油として販売する製品に含まれる成分には医薬品として扱うと指定されているものがありその場合は注意が必要になってくる。これには含有する成分の量などにもよるため、特に一般に提供する場合、または販売などを目的として生成する場合は事前に調査が必要。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。