アサヒビール

アサヒグループホールディングスとは

アサヒグループホールディングスはアサヒビール、アサヒ飲料、アサヒグループ食品などを始め国内外のアサヒグループの株式を保有する持ち株株式会社である。本社は東京都墨田区吾妻橋に構えており、浅草駅周辺から隅田川を挟んで向かいに臨む事が出来る。

概説

アサヒグループホールディングスは1889年にアサヒビールの前身となる大阪麦酒会社が大阪に設立された。1892年に今の社名の由来になるアサヒビールが発売された。1906年にエビスビールを販売する日本麦酒とサッポロビールを販売する札幌麦酒と合同で大日本麦酒が設立されるも、戦後の経済改革で解散し、1949年に朝日麦酒が設立された。長らく、アサヒグループは事業別のグループ会社がまとまっている形態をとっていたが2010年に持ち株会社体制へと移行した。
現在のアサヒグループの事業は酒類事業、飲料事業、食品事業、国際事業などに分類される。アサヒビール株式会社はビール類に限らず、ウイスキー、ブランデー、ワインなどといった洋酒全般や焼酎、チューハイやカクテル、梅酒、中国酒と幅広い酒類の製造や販売を行っている。看板商品のビール事業においては辛口ビール「アサヒスーパードライ」発売以来、業界首位のキリンビールとしのぎを削るようになった。
アサヒ飲料も清涼飲料水業界の中ではトップクラスに位置する企業である。三ツ矢サイダーやバヤリース、バンホーテン、モンスターエナジー、カルピスなどといった非常に有名なブランドを多数揃えており、国内シェアはコカコーラやサントリーなどとともに清涼飲料水を扱う企業としては大手の立ち位置である。
また、意外なグループ企業でいえば、有名な和食の高級料亭のなだ万やカルピス、ニッカウイスキーなどが子会社であり、健康食品の製造もしているなど事業範囲も売り上げも非常に大きい企業グループであると言える。

展開する主なサービス

・酒類事業
・飲料事業
・食品事業
・国際事業
・その他事業(機能性食品・飼料)

関連会社等

酒類事業

アサヒビール株式会社
ニッカウヰスキー株式会社
サントネージュワイン株式会社
株式会社北海道ニッカサービス
株式会社仙台ニッカサービス
エノテカ株式会社
アサヒフードクリエイト株式会社
株式会社なだ万
東京隅田川ブルーイング株式会社
アサヒドラフトマーケティング株式会社
アサヒビールモルト株式会社
株式会社アサヒビールフィード
沖縄アサヒ販売株式会社
株式会社アサヒビールコミュニケーションズ

飲料事業

アサヒ飲料株式会社
カルピス株式会社
アサヒ飲料販売株式会社
アサヒオリオン飲料株式会社
アサヒみどり販売株式会社
株式会社ミチノク

食品事業

アサヒグループ食品株式会社
日本エフディ株式会社
Yeastock株式会社
和光食品工業株式会社
アサヒフィールドマーケティング株式会社

国際事業

【ヨーロッパ】
アサヒヨーロッパ
ビッラペローニ
ロイヤルグロルシュ
ミーンタイム
アサヒUK
アサヒブリュワリーズヨーロッパ
プルゼニュスキー プラズドロイ
プルゼニュスキー プラズドロイ スロベンスコ
ウルスス ブリュワリーズ
ドレハー ソルギャラク
コンパニア ピボワルスカ
【オセアニア】
アサヒホールディングスオーストラリア
アサヒビバレッジズ
アサヒプレミアムビバレッジズ
インディペンデントリカー(ニュージーランド)
ベタードリンクス
【アジア】
朝日啤酒(中国)投資有限公司
北京啤酒朝日有限公司
株式会社ロッテアサヒ酒類
臺灣朝日啤酒股份有限公司
台灣可爾必思股份有限公司
【東南アジア】
アサヒグループホールディングスサウスイーストアジア
エチカビバレッジズ
エチカデアリーズ
PT カルピス インドネシア
アサヒロイヘイン
カルピス オソサファ
バンコク事務所
【北米】
アサヒビールUSA
カルピス ビバレッジ U.S.A.
その他事業
アサヒカルピスウェルネス株式会社
アサヒクオリティアンドイノベーションズ株式会社
アサヒバイオサイクル株式会社
アサヒプロマネジメント株式会社
アサヒビジネスソリューションズ株式会社
アサヒロジ株式会社
エービーカーゴ東日本株式会社
エービーカーゴ西日本株式会社
アサヒグループエンジニアリング株式会社

会社情報

会社名 アサヒグループホールディングス株式会社
設立 1949年9月1日
本社所在地 東京都墨田区吾妻橋1-23-1
事業内容 酒類事業、飲料事業、食品事業、国際事業、その他事業
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。