バーミヤン

バーミヤンとは

バーミヤンは中華料理を手軽でリーズナブルに楽しめる外食チェーン店でガストなどを運営するすかいらーくグループのレストランになる。

概説

バーミヤンは1986年に東京都町田市大蔵町に1号店がオープンし、その後関東および関西を中心に店舗を増やし、2005年には全国47都道府県を制覇し、ピーク時の2006年には店舗数は745店となった(Sバーミヤン含む)。しかし、その後すかいらーくグループの事業改革に伴って、売り上げが伸びない店舗を廃止する方針を打ち出し、多くの都道府県からバーミヤンが消えて今に至っている。一時期は、限定したメニューをより低価格で提供するSバーミヤンや、高級路線をいくNEXTバーミヤンと言う店も誕生したが、残念ながら売り上げは芳しくなく採算が取れないとのことで、今現在はいずれも廃止もしくは通常のバーミヤンに変更されている。

なお、バーミヤンのターゲットはファミリー層をメインとしており、店内の雰囲気もファミレスに近く誰でも気軽に入れるようにデザインされている。

特徴

バーミヤンは飲食店である一方で厨房機器の開発などにも力を入れている。中華料理を扱うために強い火力を求められるため、メーカーと共同で開発し、コンロや麺を茹でる機械、餃子を焼く機械などを開発し使用している。またドリンクバーに関しても競合のガストとは異なり、中華料理レストランらしくウーロン茶に代表される中国茶のバリエーションが豊富に存在する。

料理に関しては徹底的にマニュアル化されており、従業員はセントラルキッチンで下準備されたものを決められた手順で店舗で調理している。また、従業員への調理指導にもしっかりと取り組んでおり、動画で研修したり、技能検定制度を独自に整備し導入している。これらの結果、低価格でありながら品質が均一な料理が提供される。ちなみに、パートやアルバイトなど非正規雇用者を「クルー」と呼称しているが、過去「メイト」と呼んでいたこともあった。
すかいらーくグループの経営理念は、「価値ある豊かさの想像」。その名の通り、バーミヤンでは客が安くておいしい料理を通して豊かさを感じられるように、調理からサービスまで一貫して努力されている。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。