ビヨンドミート

ビヨンドミートとは

ビヨンドミート(beyond meat)はアメリカのカリフォルニア州に本社を構える代替肉・人口肉を開発、提供している食品会社。2009年に設立された。代表CEOはイーサン・ブラウン。

概説

ビヨンドミートの製品は植物をベースとした人口肉で2013年より米国で提供が開始された。健康やビーガンのスタイルが徐々に受け入れられている時代背景もあり、年々成長を続けている。
製品としては植物由来のたんぱく質を含んだパティを用いたハンバーガー(ビーストバーガー)を主力としており、朝食用のソーセージであるビヨンドソーセージなどの開発も行っている。またビヨンドミートの代替肉を使用したバーガーをマクドナルドが試験的に販売するなど、規模が拡大している。
なお、ビヨンドミートは2019年5月にIPO(新規公開株式)を実施しいきなり時価総額ベースで38億ドルを記録し、その後も勢いはとどまらず、2019年7月時点では117億ドルとなっている。

主な製品としてはハンバーガー用の代替肉であるビヨンドバーガー、牛肉の代替肉であるビヨンド・ビーフ、ソーセージの代替肉である、ビヨンドソーセージなどがある。

会社情報

会社名 Beyond Meat, Inc.
設立 2009年
本社所在地 119 Standard St El Segundo, CA 90245 United States
事業内容 植物をベースとした食材による代替肉の研究・開発・製造等
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。