ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュとは

ビットコインキャッシュ(通貨名:BCH)はビットコインから分岐(ハードフォーク)して誕生した暗号資産(仮想通貨)で2017年に8月に誕生している。分岐に至った要因はビットコインのスケーラビリティが低く問題を抱えていたため、新たな機能を実装する事でそれを解消しようとしたチームとそれを容認しなかったチームとで意見が対立し、結局ブロックサイズを大きくする事を主張したチームによって半違いするような形でハードフォークが実施された。

また、ビットコインキャッシュは2018年にも同様にブロックサイズに対して意見が対立し、ブロックサイズを32MBまで引き上げたいとするグループと128MBまで引き上げたいとするグループで争いがあり、最終的にビットコインキャッシュABCとビットコインキャッシュSVの2つに分岐している。

ビットコインキャッシュの特徴

ビットコインブロックチェーンはブロックの容量が1MBとなっており、トランザクションが増加するとデータの処理速度が遅いため取引が遅延する問題があった。前述したようにビットコインキャッシュはこのブロックサイズが8MBへ拡張しており、トランザクションが増加した際にも対応できる点が大きな特徴になる。

また、ビットコインキャッシュの通貨発行上限枚数は2,100万BCHとなっており、ビットコインと同じ数に設定されている。他ではおよそ4年に一回行われる半減期もビットコインと同じになっている。

暗号資産情報

名称 ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
誕生 2017年8月1日
創設者 不明
特徴 ブロックチェーン、決済、他
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。