ゴーヤチャンプルー

ゴーヤチャンプルーとは

ゴーヤチャンプルーは沖縄地方で食されている料理でウリ科の植物であるツルレイシ(苦瓜)を豚肉や卵と炒めた料理。沖縄料理における代表的な品目の一つ。

概説

チャンプルーとは沖縄の方言で「ごちゃまぜ」という意味で、料理としては豆腐を主な具材として、その他様々な具材と共に炒める料理のことを指す。このうち特に、豆腐と共にゴーヤを加えて炒めたものをゴーヤチャンプルーと呼んでいる。

ゴーヤは非常に栄養価が高いことで知られており、沖縄で長寿が多いのは伝統野菜であるゴーヤを食べているためだと言われるほど。このゴーヤと、豆腐、豚肉など有り合わせのものを使い、手軽に作って食べれる料理としてゴーヤチャンプルーは沖縄に広まった。

チャンプルーは安価な食材に家庭菜園で獲れる野菜やありあわせの食材など、材料は多種多様で肉を使用する際は豚肉を使用することが多く、戦後はポーク缶を使用しているケースが多い。これには流通の違いによりポーク缶が本土よりも安く手に入るためで、ここからも安価な食材を使用した料理だということがうかがえる。もやしや素麺、キャベツといった一般的に普及している食材でもチャンプルーは作られるが、沖縄の伝統的な野菜だったゴーヤを使ったゴーヤチャンプルーによって、全国的にゴーヤが知られることとなり、今やゴーヤは本土でも人気の夏野菜として君臨するようになった。

作り方

ゴーヤチャンプルーの作り方としては、ゴーヤ、豆腐、豚肉、卵、出汁、醤油が主に使われる。

豆腐は本土では木綿豆腐が使われることが多いが、沖縄では島豆腐を使うことが多く、島豆腐を使うことでより本格的なゴーヤチャンプルーに仕上がる。具材として使う豚肉もポーク缶を使用することで、より本場のゴーヤチャンプルーに近づく。ゴーヤは薄切りにして、そのまま炒めるが、苦みが苦手な場合は塩水に漬けておくと苦みが軽減される。豆腐は食べやすい大きさに切って加えるが、大胆に手で割っても良い。豚肉も一口大に切っておき、卵は溶かしておく。後は材料を多めの油で炒め調味料で味付けする。

チャンプルーという名が示すように、ごちゃまぜにして炒めることがこの料理の醍醐味で、ゴーヤを食べることによる効果として、苦味により食欲増進作用があると言われる。そのため暑さなどで食欲が無くなりがちな夏にも好まれる料理。
なおゴーヤはそのまま食べようとしても、苦みが強い野菜であるためなかなか難しく、ジュースにして飲む方法もあるが、ゴーヤをメインに据えると苦さが際立ってしまうので難しい。ゴーヤチャンプルーは、ゴーヤをメインにしつつ、その苦みを活かす食材と組み合わせることが出来るためその意味でも汎用的な料理だと言える。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。