ブリンカー

ブリンカーとは

ブリンカー(blinkers)は馬の視野を狭めることを目的として馬の目元に装着させる馬具。

特徴

ブリンカーは遮眼革(しゃがんかく)とも呼ばれ、馬の集中力を高めるために装着させる。特に競馬におけるブリンカーは多くの競走馬に使われてきた馬具の一つで、レース中に物見をしてしまうことでレースに集中が出来ず、実力を発揮できていない競走馬などに使用される。もともと馬の視野は人よりも広く、後方も視野に入れられるため例えば多頭数のレースの場合は他の馬の動向を見て、怖がったり、縮こまったりする。それらを物理的にレースに集中するよう矯正させるための器具としてブリンカーがあるが、一方で周りが見えない分余計怖がってしまっているのではという意見もある。

また、ブリンカーはカップの大きさなど特にサイズに指定は無く、馬に合わせて調整していくこともある。また競争においてブリンカーを使用する場合は事前にJRAに対して届出が必要(出馬投票時)になっている。なお、ブリンカーをレースで装着する予定の馬には競馬新聞などではBマークを表記する。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。