BID

BIDとは

BIDはBusiness Improvement Districtの頭文字を取った略語で、ビジネス改善地区という意味の通り街の中心地の活性化のために法令化される特別区制度のこと。

概説

BIDはそれまでの行政が主導し街づくりを行うスタイルではなく、事業者やエリアの土地所有者(住民は除く)などが活動資金をねん出する義務がある事が特徴で不動産の価値を高める事業を選定し案を策定し実行する。
この制度はカナダのトロントから始まり、その後はアメリカやイギリスなどでも同様の取り組みが進んでいる。また日本でも大阪府大阪市などで大阪エリアマネジメント活動促進条例が2014年に施行されJR大阪駅北側のエリアの地権者である会社で構成された団体が制度運用団体に適用されている。

なお、BID活動としては次のようなものがある。
・環境改善活動
・交通改善活動
・治安警備活動
・清掃活動
・地域経済発展活動

日本での課題

BIDに関する課題としては既存の枠組みでも実施が可能という事が大きく、また実績も少ないため特別にアクションを起こす必要があるかと言う点が指摘されている。
そのためアメリカなどでは先に実績を重ねた上で提案を積み重ねていくという手法で成果を見せており、日本の場合でも同様の取り組みを進められれるかがカギとなる。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。