ケーキ

ケーキとは

ケーキは洋菓子の一種でスポンジケーキの上にクリームなどを重ねたイチゴを乗せたショートケーキが代表的なケーキになり、誕生日など記念日にケーキを作り皆でお祝いする風習が広まっている。

概説

ケーキには厳密な定義がないが、一般的に西洋の国で生まれたお菓子のことになり、アジア圏で生まれたお菓子はケーキとは呼ばれないことが多い。種類としては様々なタイプのケーキが存在するが、基本は小麦粉を用いた生地を熱で焼き上げたものになる。この小麦粉に加えて、水、ミルク、たまご、バター、オイル、砂糖などで出来た生地がケーキのベースとなり、膨らますために酵母などを使用して焼き上げる。この生地に様々なフルーツなどと共にアレンジして作られたものがケーキの種類としてカウントされている。

なお、ケーキの発祥としてははっきりとはしていないものの、中世時代の南西ヨーロッパで現在はスペインにあるイベリア半島が始まりだとする説や

、古代エジプト人が高度な製パン技術を用いたのが始まりとする説などもある。その他にもケーキを巡る発祥の地論争は尽きないものの、いずれにせよ非常に古い昔から存在している料理になる。

種類



ケーキは前述した通り様々なタイプのものが存在しており、土台の生地に関してもスポンジ風のものやクッキーのようなもの、またはシュークリームのシュー皮のようなものやプリンのようなプディング上のもの、そしてシフォンタイプのものまで数多く存在する。さらにクリーム、フルーツ、チョコレート、木の実などの果実、植物、などがデコレーションや材料として用いられ種類として広がっていくため無数に種類が存在しているとも言える。

その上で

多くの人に食されている代表的なケーキとしてはイチゴとクリームで作られるショートケーキや、
チーズを用いて濃厚な味を表現しているチーズケーキ、またフルーツをふんだんに用いる
フルーツケーキ、あるいは香りを強調した
バニラケーキや
チョコレートを活用したチョコレートケーキなどが有名なケーキになる。他にもロールケーキや栗のクリームを用いて作るモンブランなどが提供される機会が多い。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。