キャットフード

キャットフードとは

キャットフードは猫用に加工・配合された飼料などのエサのこと。キャットフードは長く法律などによる規制が無かったが、2009年に愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律が施工され、これにより法に違反したペットフードの輸入・製造・販売が規制されるようになった。

原料など

猫はライオンと同じく肉食の動物のため動物性のタンパク質が必要栄養素になる。また猫はタウリンなど体内で生成出来ないものの活動維持のために必須となる栄養素があり、キャットフードは基本的にこれらの栄養素を補助している。
米、豆といった穀物類や肉類・魚類などに加えてビタミン類が添加されているフードが多いが、猫は人間とは異なり前述したように肉が主な栄養素になるため穀物などをメインとしたキャットフードは適さない。
原料に関しては例えば肉類は4Dミートと呼ばれる、死亡したあるいは病気の動物の肉などを入れている原料も多く注意が必要。原料・飼料全般的に言える事は、合成着色料など猫が全く気にしない添加物が付与されている物もあるなど、そうした食品には是非が問われている。

種類

キャットフードの種類はおおまかに分けると水分含有量が10%以下のドライフードか逆に75%以上含まれるウェットタイプに分別され、その中間であるセミモイストタイプもある。ドライタイプ(カリカリと言われることも多い)のように水分含有量が少ないほど安価で保存も利くが、一方でウェットタイプに比べ炭水化物の量が相対的に多いため、肥満やそれによって引き起こされる様々な病気の因子となるとする意見もある。

与えてはいけないもの

・タマネギなどネギ類
・ニンニク
・チョコレート・カフェイン飲料
・スパイス類
・生のイカ、タコ、エビ
・生のパン
・アワビ
・サザエ
・ブドウ
・レーズン
・生卵
・生肉
・骨
・牛乳・乳製品
・アルコール飲料
・ドッグフード

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。