セリーグの歴代セーブ王

最多セーブ投手はNPBが定める投手個人タイトルの一つで、1シーズンに獲得したセーブの数によって選出される。なお、1976(セリーグ)・77年(パリーグ)から2005年までは最優秀救援投手という名称で表彰されていた。2005年以降は現名称となっている。歴代のセントラルリーグの最多セーブ投手は以下の通りとなっている。なおパシフィックリーグの歴代盗最多勝投手の一覧はこちら

プロ野球における最多セーブ投手(セリーグ)の一覧

選手名(セーブ数)
2019 山崎 康晃(30セーブ)
2018 山崎 康晃(37セーブ)
2017 ドリス(37セーブ)
2016 沢村 拓一(37セーブ)
2015 バーネット、呉 昇桓(41セーブ)
2014 呉 昇桓(39セーブ)
2013 西村健太朗(42セーブ)
2012 バーネット、岩瀬 仁紀(33セーブ)
2011 藤川 球児(41セーブ)
2010 岩瀬 仁紀(42セーブ)
2009 岩瀬 仁紀(41セーブ)
2008 クルーン(41セーブ)
2007 藤川 球児(46セーブ)
2006 岩瀬 仁紀(40セーブ)
2005 岩瀬 仁紀(46セーブ)
2004 五十嵐亮太(37セーブ)
2003 高津 臣吾(34セーブ)
2002 ギャラード(34セーブ)
2001 高津 臣吾(37セーブ)
2000 ギャラード(35セーブ)
1999 高津 臣吾(30セーブ)
1998 佐々木主浩(45セーブ)
1997 佐々木主浩、宣 銅烈(38セーブ)
1996 佐々木主浩(25セーブ)
1995 佐々木主浩(32セーブ)
1994 石毛 博史、高津 臣吾(19セーブ)
1993 石毛 博史(30セーブ)
1992 大野 豊(26セーブ)
1991 大野 豊(26セーブ)
1990 与田 剛(31セーブ)
1989 津田 恒実(28セーブ)
1988 郭 源治(37セーブ)
1987 郭 源治(26セーブ)
1986 斎藤 明夫(23セーブ)
1985 中西 清起(19セーブ)
1984 牛島 和彦(29セーブ)
1983 斎藤 明夫(22セーブ)
1982 斎藤 明夫(30セーブ)
1981 角 三男(20セーブ)
1980 江夏 豊(21セーブ)
1979 江夏 豊(22セーブ)
1978 新浦 寿夫(15セーブ)
1977 鈴木 孝政、山本 和行、新浦 寿夫(9セーブ)
1976 鈴木 孝政(26セーブ)
1975 鈴木 孝政(21セーブ)
1974 星野 仙一(10セーブ)
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。