シャネル

シャネルとは

シャネル(CHANEL)は1909年にココ・シャネルがフランスのパリに開業した帽子店がルーツとなっているファッションブランド。

概説

フランスの大富豪のアラン・ヴェルテメールとその弟のジェラール・ヴェルテメールが所有する「シャネルSA」という企業が運営している。始まりとしてはココ・シャネルが1909年に開店した帽子店になり、その後1915年、オートクチュールを手掛ける「メゾン・ド・クチュール」を開店し、ココ・シャネルはデザイナーとしての活動を本格化させていく事となる。

1916年にはシャネル・オートクチュール・コレクションを発表し、着心地が良い安価なジャージ素材を使用したドレスが話題となった。
その後、調香師のエルネスト・ボーによる香水「No.5」を発売、それまでは余り積極的に用いられなかった脂肪族アルデヒドを敢えて使用した調香が大きな話題になる。

その後第二次世界大戦が勃発したことの影響により香水とアクセサリー以外での店舗はすべてが閉鎖となってしまったが、1954年には再び復活。コレクションを含む商品展開が再開された。戦後は宝石のデザインやハンドバッグの製造などを手がけ、会社の立て直しに行なう。ただしその最中である1971年に創業者であるココ・シャネルは住居にしていたオテル・リッツにて死去する。

ココ・シャネルの死去後はオートクチュール以外の既製品の服の展開も始まり、そのコレクションも行われていった。

特徴

シャネルは1909から約100年以上続く老舗ブランドであり、その歴史に裏打ちされたデザインと完成度は世界中のファッション愛好家に評価されている。
その評価の高さは本ブランドをトップクラスの高級ファッションブランドの地位へと押し上げ、シャネルと言えばセレブ系ファッションブランドというイメージを形成している。
その主な製品はオートクチュールの服を始めとして香水や化粧品、ジュエリー、時計など、多岐に渡っている。

服やアクセサリーなどの直接的な装身具とは別に、ハンドバッグなども販売している。バッグの新作もコレクションにて発表される。
こちらも高級品として高い評価を得ており、別の多くの高級バッグブランドに対して引けを取らない高いネームバリューを維持している。

本ブランドのブランドポリシーは古い価値観にとわれない女性像を実現することであり、伝統を保ちながらも新しいデザインで革新をもたらす展開を行っている。
その一例が喪服であった服のドレスとしての展開であり、新たなファッションのあり方をその時の価値観にとらわれず提示・展開し続けている。

主な製品カテゴリー

プレタポルテ

ジャケット
ドレス
ブラウストップ
カーディガン・プルオーバー
スカート
パンツ・ジャンプスーツ
アウターウェア
スイムウェア
ニットウェア
レザー
プレタポルテ

ハンドバッグ

クラシック ハンドバッグ
2.55 ハンドバッグ
Chanel 19 ハンドバッグ
ガブリエル ドゥ シャネル
Boy Chanel ハンドバッグ

アクセサリー

シューズ
スモール レザー グッズ
コスチューム ジュエリー
スカーフ
ハット
カメリア
ベルト
その他

アイウェア

アイウェア
オプティカル

その他

ジュエリー
ウォッチ

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。