格安SIM

格安SIMとは

格安SIM(かくやすしむ)とは、仮想移動体通信事業者(MVNO)と呼ばれ、簡単に言えば大手キャリアの通信インフラを間借りしている事業者が提供しているSIMのこと。大手キャリアに比べ契約費用が安い事から格安SIMと呼ばれている。

概説

日本ではNTT、au、ソフトバンク、楽天の4社が総務省より割り当てられた周波帯を利用して携帯電話サービス事業を展開しているが、MVNOはこれらのキャリアの回線の一部を、使用料を負担するなどして借り、それをサービスとして展開している。そのため、MVNOが提供するサービスの通信回線は大手キャリアと大差が無いと見る人もいる。

また、殆どのMVNOでは契約の形態として音声通話とデータを分離して契約を行っており、音声通話のみまたはデータ通信のみといった契約が可能。そのため電話を殆どしない方や、子どもとの連絡はlineなどのインターネット通話のみの方などはデータ通信のみのプランを契約する人もいる(ただしその場合は電話番号は取得出来ない)。このように格安SIMは使用者のニーズにより使い分けが可能になり選択肢が増える。ただし、格安SIMの場合、音声通話(電話)に関して言えば大手キャリアで契約した場合と比べ高い通話料になるケースが多い。そのため、データ通信+電話のプランで契約し月額の費用が抑えられたとしても思わぬ通話により、月の費用が上がってしまったというケースもある。

他の注意点としては、スマホにセットするSIMの種類には複数のタイプが存在しているため、契約をする際は携帯端末に合致するSIMは標準SIMカード、microSIMカード、nanoSIMカードのどれに当たるか事前に調べておく必要がある点になる。多くの格安SIM会社は、契約の際にSIMの形状などを確認する項目があり、指定されたSIMを発行するため、間違って発行してしまった場合、携帯にSIMがセット出来ず使用する事が出来なくなってしまう(手数料を払い違う種類のSIMを再発行してもらうことは可能な会社が多い)。

大手キャリアの契約などであればこうした点は気にする必要は無かったが、格安SIMの場合は大手に比べサポートも充実してはいないため、契約しセッティングが終わるまではチェックが必要な事も多い。

大手キャリアのSIMと格安SIMを比べると費用が一番異なるポイントになるが、一方で近年ではMVNOに対抗して大手キャリアも費用の減額など低価格化の動きを見せており、保証やパケット通信を多く使用する等を考慮すると大手のキャリアに軍配が上がるケースも少なくない。

主な格安SIM提供会社

NTTドコモ系統

名称 事業主
OCN モバイル ONE NTTコミュニケーションズ
ASAHIネット LTE ASAHIネット
NifMo ニフティ
LINEモバイル LINE
INTERFONEmobile IPC World, Inc.
IIJmio タイプD インターネットイニシアティブ
Tikimo SIM タイプD エヌディエス
exciteモバイル エキサイト
DMM mobile DMM.com
hi-ho LTE ハイホー
QTmoile Dタイプ QTnet
b-mobile 日本通信
U-mobile MAX U-NEXT
TONE TONEモバイル
U-mobile 通話プラス、データ専用 U-NEXT
DTI SIM ドリーム・トレイン・インターネット
mineo ドコモプラン ケイ・オプティコム
Fiimo Dプラン STNet
ご当地モバイル NEW LIFE MOBILE
BIGLOBE SIM ビッグローブ
ペンギンモバイル 日本自由化事業協会
楽天モバイル 楽天
WirelessGate SIM ワイヤレスゲート
SkyLinkMobile エレコム
ポインティSIM アクセリア
Wonderlink パナソニック
インターリンクLTE SIM インターリンク
エックスモバイル エックスモバイル
LinksMate LogicLinks
ビタッ!プラン HISモバイル
神プラン ロケットモバイル
音声/データ/シェア音声プラン イオンモバイル

au系統

名称 MVNO
UQ mobile UQコミュニケーションズ
J:COM MOBILE ジュピターテレコム
mineo auプラン ケイ・オプティコム
Fiimo Aプラン STNet
QTmobile aタイプ QTnet
IIJmio タイプA インターネットイニシアティブ
Tikimo SIM タイプA エヌディエス

ソフトバンク系統

名称 MVNO
b-mobile S 日本通信
U-mobile S U-NEXT
U-mobile SUPER U-NEXT
Hitスマホ 飛騨高山ケーブルネットワーク
mineo Sプラン ケイ・オプティコム
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。