CMS

CMSとは

CMSとはContents Management Systemの頭文字を取った略語で、簡単にホームページの記事の作成や更新が出来たり画像が投稿できる仕組み・システムのこと。

概説

CMSは2000年代以降に普及してきたウェブサイトのシステム形態の一つで、現在ではワードプレスやEC-CUBEを筆頭に多くのサイトがCMSを導入して運用されている。CMSは基本的にパッケージであるため、見栄えや機能性を気にせずある物だけ使うということであれば即日にでも使えるという手軽さが大きな特徴で、また更新の手間なども基本的には各ページが連動するように設計されたプログラムが内包されるため手を加える必要がない。

また個別にページを作成して行った場合には統一感を無くさないように全体のデザインを常に考えながら制作する必要があるが、ほとんどのCMSの場合はヘッダー部分やメインの部分、あるいはフッターの部分を固定してセッティングしていく。そのため、個別に作成して行った際に少しづつデザインがずれてしまうというような問題が起こりづらい。結果としてページ作成時には細部を注意せず、コンテンツ作成のみに取り掛かることができる。

こうした便利さに加え、プラグインと呼ばれる特殊機能が時間の経過と共に充実していき、それと比例してユーザーも増加し続けている。

CMSの種類としてはワードプレスのようにオープンソースで誰でも無料で使用できるものから、Movable Typeのように特定の運営母体があり、そこがソースあるいは環境を管理しているものまで様々。ただし、現在では多くのユーザーと開発者を抱えかつプラグインが豊富なワードプレスがCMSとしては抜きん出ている状態となっている。

また、近年ではCMSをマーケティングツールの一種として提供するサービスも増加しており、マーケティングオートメーションツール(MAツール)などはCRM機能との連携なども含めて独自のCMSを開発しているところもある。

CMSの大きな利点としてはパッケージのため各ページなどが連動するため更新の負担が大きく減る点が挙げられるが、一方でその点はデメリットとしても考えられ、システムを修正した際に連動した他のページにまで影響が出てしまうという事がある。

主なCMS

現在多く使われているCMSは以下の通り。

WordPress
Movable Type
Joomla!
Drupal
XOOPS
EC-CUBE(ECサイト用)
HubSpot

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。