コーヒーの生産地

コーヒーの生産地

コーヒーは日々の消費量が非常に多い商品だが大規模に生産をしている国は一部の地域に限られており、コーヒー豆が収穫できるコーヒーノキが生成されているのは赤道を中心とした南北に25度の帯状の範囲にあるおよそ70の国々になる。このエリアはコーヒーベルトと呼ばれており、コーヒーの生産量の殆どをこの地域が担っている。

また、この地域は温暖かつ雨量もあるため生育に適しており、豆の生産地がそのままコーヒーの産地としても有名なエリアになっている。

なお、コーヒーの生産量のトップは南米のブラジルになり、世界の流通量のおよそ3割程度を占めている他、意外な所では中国も広大な大陸を利用して栽培が行われているため生産量は大きい。

世界のコーヒー生産量トップ20(2019年)

世界のコーヒー生産量の主要国は以下の通り。
出典:worldatlas「Top Coffee Producing Countries」

順位 国名
1 ブラジル(2592000トン)
2 ベトナム(1650000トン)
3 コロンビア(810000トン)
4 インドネシア(660000トン)
5 エチオピア(384000トン)
6 ホンジュラス(348000トン)
7 インド(348000トン)
8 ウガンダ(288000トン)
9 メキシコ(234000トン)
10 グアテマラ(204000トン)
11 ペルー(192000トン)
12 ニカラグア(132000トン)
13 中国(116820トン)
14 コートジボワール:アイボリーコースト(108000トン)
15 コスタリカ(89520トン)
16 ケニア(49980トン)
17 パプアニューギニア(48000トン)
18 タンザニア(48000トン)
19 エルサルバドル(45720トン)
20 エクアドル(42000トン)
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。