コンテンツSEO

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOはクオリティの高い記事を沢山制作する事により、ウェブサイトおよびウェブページの価値を高めGoogle検索ランキングで上位表示を目指す施策のこと。簡単に言えば良い記事をたくさん作ることを指す。

概説

コンテンツSEOはGoogleの検索エンジンの精度が高まりを見せると共に提唱されるようになった概念で、これがコンテンツSEOとされるような明確な基準はない。一般的にはテキストだけの羅列ではなく解説図など画像や動画を記事中に挿入したり、多くの人が既知の情報を掲載したりするのではなく、独自の見解や情報を掲載しオリジナル性の高い記事を作ること。また訪問者がページの内容を理解しやすいようにページ内を整理整頓したり、よくある疑問と回答の項目を追加したり等ページ内の項目を充実させることも重要な施策になる。
上記以外にもページ内のテキストを見直したり修正したりするという事も重要で、コンテンツSEOではとにかくコンテンツ(記事)のクオリティを高めることに注力することが重要になる。

この概念が広まっている理由としてGoogleの検索アルゴリズムが度重なるアップデートを行ったことにより検索結果の精度が飛躍的に向上しており、それまでの内部施策と呼ばれる、サイト内の整理(カテゴリーが適切に設定されているか、リンク切れがないか、ボタンやカテゴリーなど導線が使いやすいように整えられているか、など)や外部施策と呼ばれる、他のサイトから自社サイトに対してリンク張ってもらえるようにする施策など、以前まではサイトの評価を高めるために有効だと考えられてきた施策が、効果を思うように上げなくなってきた事が要因となっている。

そのため、現在では前述したようなテクニックを重視する施策ではなく、記事やサイトの価値を高める事で勝負するという施策が重要視されている。本質的には検索エンジンの進化とともに小手先のテクニックは通用しなくなるため、質の高い良いページが評価されるようになるのは必然だとも言える。またE-A-Tと呼ばれる執筆者の権威や信頼性が検索ランキングにおいても重視されるようになってきており、これらもコンテンツの質を高めるという点ではコンテンツSEOの要素の一つともいえ、執筆者の質や信頼性が今後SEOにおいて大きな比重を占めるという考えもある。

更に近年ではSNSが普及しており、SNSを通じての拡散力やブランディングなどにも注目が集まっている。SNS自体で存在感を高めることも重要だが、サイト自体においてもコンテンツの質を高める事でこれらの媒体からのエンゲージメントも期待する事が出来るため、良いコンテンツの価値は高まっている。

他ではモバイル検索が多くのトラフィックを占めるようになってきており、ページ内において余計な遅延が発生していないか、訪問者がストレスなく閲覧出来ているかという点も重要な施策になっている。

なお、コンテンツSEOは広義にはデザインやユーザービリティなどページ単体ではなくサイト全体、あるいはオリジナルで作ったウェブサイトではなくCMSなどを活用する(又はしない)といったプロダクトの話にまで及ぶ事がある。また質の高い記事を定期的に制作するためには、場合により外部のライターやクリエイターとも連携して行う必要性も出てくるため、企業などで本腰を入れて行う場合は組織体制や予算にまで影響する事がある。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。