クーペ

クーペとは

クーペとは基本的に「2ドア」「2人乗り」「1列座席」を有する3ボックス型の乗用車。ボディデザインはルーフラインが美しい流線型が多く採用されている。
現在のクーペは、後部座席を持つものも増え、4人乗り、5人乗りのクーペも一般的になってきている。

概説

クーペという語源の発祥は、フランス語の「carrose coupe(カロッセ クぺ=切られた馬車)」という馬車用語からきている。それまでの一般的な2列シートの馬車に対して、新しくできた1列シートの馬車は「カロッセ クぺ」と呼ばれるようになる。その後クペには、2枚ドア(左右に1枚すつ)の意味も加わるようになる。欧米で、時代が馬車文化から自動車文化に移行した時にも、そのままクぺのボディ形状は継承されている。
クペが日本に持ち込まれた時は、呼びやすいように現在のクーペという呼び方で浸透していくことになる。

なお自動車のクーペが、世界的に注目を集めるようになったのは1960年代頃からといわれており、当時アメリカでは、シボレーコルベット、カマロ、フォードマスタング、イギリスではジャガーEタイプ、ドイツではポルシェ 911、日本では日産シルビア、トヨタ2000GT、マツダ、コスモスポーツなどが誕生している。その後一時期はガソリンの価格の高騰やファミリーカーとして利便性が低かったことから人気は低迷するが、最近、日本ではかつての名車がスポーツカーとしての切り口から、復活を果たしてきている。

クーペの特徴

クーペはボディデザインの違いから次の4タイプに分けることができる。ボンネット、キャビン、トランクがセダンのように分離している3ボックスタイプのノッチバック・クーペ。
リアウィンドウが急勾配で下がっており、キャビンとトランクルームの境界が曖昧なボディデザインのファストバック・クーペ。オープンモデル(オープンカー)に、固定のルーフをつけたフィクストヘッドクーペ。
オープンカーに幌を持つモデル(カブリオレ)、ドロップヘッドクーペなどがある。クーペの大きな特徴として車高が低く低重心であることから、ハンドル操作がしやすく走行が安定している。

ボディデザインが、空気抵抗を極限まで低減させ流れるようなルーフラインが採用されていることから高速走行に向いている。注目を集める様なスタイリッシュなデザインが採用されており、車好きの人の趣味嗜好を強く満足させることができる。これまでにない最先端の機能を搭載されている車が多く、ラインナップがハイグレード、ハイスペックモデルが多い。

ベンツ、BMW、ポルシェなどの高級車には「クーペモデル」があり、ステータスシンボルとなっている。クーペのデメリットとしては、値段が高く、乗車定員が少なく、室内が狭く、乗りにくく、ファミリーカーのように実用的な車ではないことがあげられる。
これらのことからクーペは人気車ではあるが、大衆車とは対極の価値を持つ車といえる。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。