クラフトビール

クラフトビールとは

クラフトビール(craft beer)は、いわゆる地ビールの事で比較的小規模なビール醸造所で作られた特徴的な味わいを持つビールのこと。

概説

クラフトビールは手作りのビールを意味する言葉になり、そのままビール職人が工夫を凝らして作り上げたビールと言える。日本では1994年に酒税法が改正され、最低製造数量が2000kℓから60kℓへと変更になった事を契機として小規模のビール醸造所が多く立ち上がる事になった。

日本の大手メーカーが造るビールはピルスナーと呼ばれる黄金色の喉越しが良いタイプのビールが殆どだが、クラフトビールはピルスナーだけではなく、黒みがかって苦いエールや白みがかっていてフルーティーな味わいのヴァイツェンなど様々なタイプのビールがある。中でもエールに関して言えばインディアンペールエール(IPA)という種類のビールは苦みが強烈で、コンビニなどで手軽に購入できるビールとは一線を画しており、熱心なファンも多い。

クラフトビールは日本においては特に2010年代半ばから人気が上がってきており、それまでの小規模なメーカーのみならず大手飲料メーカーもクラフトビール市場に参戦している。

代表的なクラフトビールの種類

・ピルスナー (Pilsner)
・ペールエール (Pale Ale)
・IPA(アイピーエー)(India Pale Ale )
・ヴァイツェン (Weizen)
・フルーツビール (Fruit Beer)
・スタウト (Stout)
・バーレーワイン (Barley Wine)

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。