CSS

CSS(しーえすえす)とは

CSS(Cascading Style Sheets)はウェブページにおけるフォントや枠のサイズなどデザインを設定するためのスタイルシート用の言語。CSSはウェブページを構成するHTMLやPHPと併せて使用される。

概説

CSSはW3Cが発表したコードで1996年にCSS1という名前でリリースされた。現行のバージョンはCSS3となり、前バージョンであるCSS2.1を拡張した形としてサポートされている。なお次世代のCSS4は草案レベルではあるものの、未だに正式な発表には至っていない。

CSSの目的としてはウェブページを構成するHTMLには装飾を行う事が出来るタグなどが存在しているが、基本的にHTMLではページの情報や構造を記述する言語でありデザイン・装飾を行うための言語では無いため、見栄えやデザインを表現するためにはCSSを用いる必要がある。またこの点は1996年に発表された時より受け継がれており、ウェブページは当初よりHTMLが構造を、CSSがデザインやレイアウトをそれぞれ担当するという図式になっている。

またCSSはHTMLファイル内に記述することも可能だが、HTMLページ内のコードが複雑にならないように外部にCSSファイルを設けて、HTMLからそのCSSを呼び出すという使い方が一般的。

主なCSSのコード

width(横幅を指定する)
height(縦幅を指定する)

font-size(文字のサイズを指定する)
font-weight(文字の太さを指定する)
font-family(フォントの種類を指定する)
text-decoration(文字の装飾を指定する)
letter-spacing(文字間の間隔を指定する)
color(文字の色を指定する)

margin(外側の余白サイズを指定する)
margin-top(外側の上部余白サイズを指定する)
margin-bottom(外側の下部余白サイズを指定する)
margin-right(外側の右の部分の余白サイズを指定する)
margin-left(外側の左の部分の余白サイズを指定する)

padding(内側の余白サイズを指定する)
padding-top(内側の上部余白サイズを指定する)
padding-bottom(内側の下部余白サイズを指定する)
padding-right(内側の右の部分の余白サイズを指定する)
padding-left(内側の左の部分の余白サイズを指定する)

line-height(行間のサイズを指定する)
background(背景を指定する)
border(枠線を指定する)
text-align(左・中央・右揃えを指定する)

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。