ナツメヤシの果実

デーツとは

デーツ(Date palm)はヤシ科の樹ナツメヤシの実のことで、甘味を持ったフルーツ・食材としてアフリカや中東をはじめ世界中で用いられている。

概説

デーツは北アフリカ、中東、南アジアを中心に広く栽培されており、アメリカ南部などでも栽培されている。
ナツメヤシ自体は高さがおよそ20メートル以上ある雌雄異株であり、自然に受粉されるが商業用プランテーションなどでは人工授粉が行われている。
その後、生育した木から生えた実が作物として収穫出来るようになるまでは7年以上かかる。

特徴

デーツは長さが5~7センチ程度の果実で基本的には干すなどして乾燥させた後に食する。
乾燥するまでには半年程度
加工方法としては乾燥させた果実をシロップに漬けたり、細かく刻んでクッキーやチョコレートに混ぜる、ジュースやアルコール飲料として飲むなど様々な形態で利用されている。
栄養素としてはカリウム、ビタミンCやタンパク質、食物繊維などを豊富に持っている。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。