ディープインパクト

ディープインパクトとは

ディープインパクト(Deep Impact)は日本の元競走馬・種牡馬で、現役時代は牡馬3冠を含めて輝かしい成績を残した名馬で通算成績は14戦12勝。2019年7月30日没(17歳)。

競走馬としてのディープインパクト

ディープインパクトは兄ブラックタイドの期待が非常に高く、その弟ということもあり注目度は世代でも屈指の存在であった。デビュー戦となった2歳の年末の新馬戦ではのちに重賞を勝利することになるコンゴウリキシオーを完封し、翌年の若駒Sでは他馬とは次元の違う脚を披露して勝利。この時点でクラシックの主役として競馬界では評価されていた。

その後弥生賞を勝利すると、本番となった皐月賞日本ダービー、夏を越して神戸新聞杯から菊花賞まで連勝街道を突き進み、無敗の三冠馬になった。
最終的に競走馬としてディープインパクトは牡馬クラシック3冠に加えて天皇賞春、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念と軒並みビッグレースを勝利するなど圧倒的な強さを示した。馬体は大きくないがその分軽く弾むように走る走法は飛んでいるようと形容された。

なお、4歳時にはフランスで行われる凱旋門賞に参戦し日本馬として初となる勝利を目指したが、最後の直線で失速し3着で入線した(その後、レース後の調査で競走馬に与えてはいけない禁止薬物が検出されて失格処分となっている)

凱旋門賞後にジャパンカップに参戦し勝利、現役最後のレースとなる有馬記念でも圧勝し有終の美を飾って種牡馬入りする。

種牡馬としてのディープインパクト

ディープインパクトは1年目の産駒からリアルインパクトなどGIを勝利する馬を輩出した。2年目の産駒には海外のGIを含むGI7勝馬のジェンティルドンナ、日本ダービーを勝利したディープブリランテ、3年目産駒からは同じく日本ダービーを勝利したキズナ、4年目は桜花賞を圧勝したハープスターやジャパンカップを勝利したショウナンパンドラ等、競走馬時代に負けず劣らず大活躍している。

その後も毎年活躍馬を輩出しているディープインパクトだが、2019年になり首の痛みを理由に種付けを中止するなど徐々に高齢となってきた影響が出始めた。その後7月30日早朝に頸椎に骨折が判明し回復の見込みが無い事から安楽死の処置がとられた。
なお、残された産駒の中からも2019年に桜花賞を翌年に安田記念を制するグランアレグリアや、ホープフルステークス、皐月賞と日本ダービーの二冠を無敗で制したコントレイルなどを輩出している。

ディープインパクトの血統

サンデーサイレンス ヘイロー
ウィッシングウェル
ウインドインハーヘア アルザオ
Burghclere

ディープインパクトの競走馬成績

レース名 着順(騎手)
2歳新馬 1着(武豊)
若駒S 1着(武豊)
弥生賞 1着(武豊)
皐月賞 1着(武豊)
東京優駿 1着(武豊)
神戸新聞杯 1着(武豊)
菊花賞 1着(武豊)
有馬記念 2着(武豊)
阪神大賞典 1着(武豊)
天皇賞(春) 1着(武豊)
宝塚記念 1着(武豊)
凱旋門賞 失格(武豊)
ジャパンC 1着(武豊)
有馬記念 1着(武豊)

ディープインパクトの種牡馬成績

順位
2010年 40
2011年 4
2012年 1
2013年 1
2014年 1
2015年 1
2016年 1
2017年 1
2018年 1

競走馬情報

生年月日 2002年3月25日
性別 牡馬
毛色 鹿毛
通算成績 14戦12勝
主な勝ち鞍 牡馬クラシック3冠、有馬記念、宝塚記念、天皇賞・春、ジャパンカップ
所属厩舎 池江泰寿(栗東)
生産者 ノーザンファーム
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。