鹿

鹿(しか)とは

鹿(Deer)は哺乳綱、偶蹄目(ウシ目)シカ科の哺乳類の動物。草食動物であり、南極など一部の地域を除き全世界に渡って生息している。

概説

鹿は5600万年前に存在したカモシカ(ダイカー)から進化したとされ、当初は角がなかったが進化の過程で発達していったものとみられている。
長い歴史の過程で気候の変動とともに栄養価の高い飼料が多く誕生しそれに比例して鹿の数や生息圏も拡大していった。人類との関係性で言えば類人猿の時代から今に至るまで鹿は食料源であったほか、衣料や一部地域では移動用手段としても活用していた。
ただし近年では捕獲者の減少により鹿が増加し、結果的に農作物を荒らす事例が増加している。

特徴

鹿はヘラジカのように巨大な種の場合は身長が2.5m程度、体重は800kg程度にまで成長する。走る速度は種や条件にもよるが時速30km~5・60kmもの速度で走る。そのため車両等と衝突した際には大きくダメージを受ける。日本に生息するエゾシカなどは140kg程度の大きさになるためヘラジカのような危険性は少ないものの、それでも車などで衝突すると大破する危険性がある。

食物に関しては鹿は草食動物であるものの、古びた繊維状の草ではなく、若い葉や若芽、新鮮な草や果物、小枝などを好む。これには角などを維持するためにカルシウム等ミネラルが必要であるためとみられる。ちなみに胃は4つに分かれており、食物を消化する際は一度特殊な胃で消化し発行させたものを再度口に戻し消化していくという反芻を行う。
歯に関しては32~34本程度を持ち、上顎に前歯は無く、下あごの葉と上顎の間に草を挟みすりつぶすように取り込む。

繁殖に関しては一度に1頭または2頭を産む。その後雌は小鹿と共に雌鹿のグループとして行動するが雄鹿は単独または一部集団で行動することになる。なお、鹿のうち体格が良いのは雄鹿で角も雄にしか生えない。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。

コメントを残す