DMMビットコイン

DMM Bitcoinとは

DMM Bitcoin(でぃーえむえむびっとこいん)は東京都中央区の日本橋に本社を構えている日本の暗号資産(仮想通貨)取引所で、2018年1月よりサービスを開始させている。親会社は様々なオンラインサービスを手がけるDMM.com社になっている。

概説

DMM Bitcoinは元々株式会社テコテックの子会社であった株式会社東京ビットコイン取引所を2017年12月に全株式の取得により買収し、その後DMM Bitcoinとブランド名を変更して運営をスタートさせた。
同取引所を運営するDMMグループは他にもFXや株式など金融商品の取り扱いを行っており、同事業もグループで培ったノウハウが落とし込まれている。

DMM Bitcoinの特徴

DMM Bitcoinは開始当初より暗号資産FXを行っており、2020年6月時点においてもレバレッジ取引において扱っている銘柄は他の取引所と比較しても多い。
現物取引に関してはビットコインイーサリアムリップルになる。

現物取引・レバレッジ取引可能

ビットコイン・円(BTC/JPY)
イーサリアム・円(ETH/JPY)
リップル・円(XRP/JPY)
イーサリアム・ビットコイン(ETH/BTC)

レバレッジ取引のみ可能

ネム・円(XEM/JPY)
ライトコイン・円(LTC/JPY)
イーサクラシック・円(ETC/JPY)
ステラ・円(XML/JPY)
モナコイン・円(MONA/JPY)
ビットコインキャッシュ・円(BCH/JPY)
ベーシックアテンショントークン・円(BAT/JPY)
クオンタム・円(QTUM/JPY)
イーサクラシック・イーサリアム(ETC/ETH)
ネム・ビットコイン(XEM/BTC)
リップル・ビットコイン(XRP/BTC)
ライトコイン・ビットコイン(LTC/BTC)
イーサクラシック・ビットコイン(ETC/BTC)
ビットコインキャッシュ・ビットコイン(BCH/BTC)

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。