どうぶつの森

どうぶつの森とは

どうぶつの森(およびシリーズ作品)は任天堂が開発・販売しているゲームで、2001年にNINTENDO 64にて発売されたゲームが初代となり以後様々なプラットフォームで後継タイトルが販売されている。2020年3月20日には新作「あつまれ どうぶつの森」が発売され、世相もあり全世界的に大ヒットしている。なお、海外版のタイトル名はAnimal Crossingになる。

特徴

どうぶつの森の内容やシステムは過去のシリーズも含め共通している部分が多く、基本的にはプレイヤーは動物たちが暮らす村に主人公が住み、魚釣り、虫取り、住民とのやり取りなど、自由気ままに過ごす。

主人公は動物が暮らす村にやってくるところから始まり、シリーズによって村人または村長となったあとで動物たちの暮らす村で一緒に生活をすることになる。村では住民とのコミュニケーション、買い物、魚釣り、虫取り、植物の世話など、好きなことをして過ごすことが可能で、どのように過ごすかはプレーヤーの判断により変わる。
また、ゲーム内の時間はゲーム機本体に内蔵された時計機能と連動をしているため、現実の世界での昼はゲーム内でも昼となり、現実の世界で夜のタイミングにはゲーム内でも同じく夜となる。しかし、ゲーム内の時間設定を変更することで現実の世界とゲーム内の時間を変えることも可能となっている。また、ゲーム内には四季があり、四季に応じたイベントが用意されている。

作品によってイベントは異なるものの、代表的なイベントとしては、ニューイヤーデイ、魚釣り大会、花火大会、虫取り大会、ハロウィン、ゆきだるま作りなどがあり、また、家具、壁紙、絨毯、服など、数多くのアイテムもそれぞれ用意されている。家具は主人公の家に配置でき、好きなインテリアに変更することが可能で、アイテムは住民からもらったりし手に入れることができる。

過去のシリーズ

過去のシリーズには、NINTENDO64用ソフトの「どうぶつの森」、ニンテンドーゲームキューブ用ソフトの「どうぶつの森+」、カードeリーダーに対応した「どうぶつの森e+」、ニンテンドーDS用ソフトの「おいでよどうぶつの森」、Wii用ソフトの「街へいこうよ どうぶつの森」、ニンテンドー3DS用ソフト「とびだせ どうぶつの森」、Nintendo Switch用ソフト「あつまれ どうぶつの森」がある。

この内、とびだせどうぶつの森には、内容が追加された「とびだせ どうぶつの森 amiibo+」があり、amiiboを使うことで指定の住民を村に呼ぶことができる。
また、これまでのシリーズとは趣が異なる「どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー」がニンテンドー3DS用ソフト、「どうぶつの森 amiiboフェスティバル」がWii U用ソフトで販売されている。

なお、販売本数に関して言えば、いずれのタイトルも大きなヒットを記録しており、特に任天堂DS用のソフト「おいでよ どうぶつの森」の販売数は520万本超え、3DS用のソフト「とびだせ どうぶつの森」は450万本超えを記録しており歴代のゲームソフトの販売本数と照らしても上位に位置している。
また2020年3月に発売が開始された任天堂Switchのゲームソフトである、あつまれ どうぶつの森は3月だけで世界で500万本以上の売り上げを記録し、それまでコール・オブ・デューティが保持していた家庭用ゲームの月間販売本数の記録を上回る大ヒットとなっている。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。