エコシステム

エコシステムとは

エコシステムとは広義には自然界に存在する循環する生態系のサイクルだが、現代では独自の経済圏を表す言葉として用いられる機会が多く、特定の企業や団体、集団内で回っている経済圏のことを指す事が多い。その他ではテクノロジーの構成を指し示した例えとしても使われる。

概説

経済におけるエコシステムは前述した通り、多く場合において生態系に例えられる。

例えば自然界におけるエコシステムは食物を生産しそれを摂取し排せつ物などから肥料を生み出し、それを元に作物を生産するような、循環する生態系のサイクルのことで、こうした循環する環境を経済に当てはめた考えとして存在する。

例を挙げると、何らかのサービスを利用している人に対してそのサービスと連動する別のサービスを提案していく。この事により、特定の企業が開発したサービス全般を利用する事で日々の生活における消費活動そのものがその企業が提供するサービス内で充足されるようになり、企業としては顧客を囲い込む事が出来る。特に近年ではポイントサービスなどをコンシューマに付与し、自社のサービスに送り込むケースが目立つ。

また、企業内の活動で言えば得た資金を給与として社員に配布しその社員が所属する会社のグループ企業が運営する食堂などを利用し、あるいはグループ企業の小売り企業で商品を買い、病気の際はグループ企業の病院に受診するなど、生活のあらゆるシーンをグループ内で完結する事で企業が得た資金はグループ内のいずれかに落ちる事になり、外部に逃げる事を防ぐ事が出来る。

こういったエコシステムは前述した例のように極端なものでは無くとも、関連会社や提携企業などビジネスを進める上で自社に有利な関係を持つ者同士で固まり進めるという事を指す事もある。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。