eKYC

eKYCとは

eKYC(electronic Know Your Customer)は電子化技術を活用した本人確認サービスのことで、口座開設など本人の身元確認を必要とするような申請・確認をPCやスマホなどを活用してオンラインで行えるようにする技術のこと。

特徴

eKYCの特徴は前述した通り身元確認のための手続きを全てオンラインで完了させられることが大きな点になる。現状では何らかの身元を確認する必要があるサービスの場合は利用までに実際に書類を役所に取りにいったり、コピーをしたりして、それらの資料を封入して申請先へ送付するなど利用するまでに一定の手続きを経る必要があるが、この手続きをより簡単にすることが狙いになっている。

eKYCを行う際の具体的な方法としては本人確認書類と本人の容貌が映った画像などを添付し、それら照合した上で確認することが主流になっている。ただし現状では本人確認の方法としていくつかの手法が提案されており、中には銀行等への照会を挟む方式もある。

なお、提出書類に関しては免許証などを使用した例が現状では多く、パスポートやマイナンバーカードへの対応は今後の課題となっている。

また、eKYCを導入する企業やサービスは現状ではまだまだ少なく、メルペイやLINE Pay、GMO(自社サービス:GMO顔認証eKYC)、コインチェックビットバンク(Deep Percept for eKYC)など、主にフィンテック企業が導入している。
ただしユーザーの利便性や企業としての照合コストを鑑みた場合何らかの問題が発生しない限りは普及していく可能性は高いものと見られる。現状ではeKYCを用いるために使われる顔認識サービスなどの技術も含めたソリューションを各社提供しており、製品としての競争は激化している。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。