延暦寺

延暦寺とは

延暦寺は滋賀県大津市にある寺院で、『古都京都の文化財』のひとつとして、1994年12月にユネスコの世界遺産に登録された。

概説

『延暦寺』の開祖である平安初期の僧、『最澄』によって『一乗止観院』を建立したことが始まりと言われている。780年に行表に出家した最澄は、785年に比叡山で修行をして、東大寺で戒律を受けたことにより、正式の僧となった。788年、一乗止観院(比叡山寺とも呼ばれていた)を建立。その後、804年に空海と共に遣唐使の一員として唐に渡り、天台山で天台教学を学び、約一年後に日本に帰国した最澄は『天台宗』を開いた。最澄の努力が実り、806年1月26日に朝廷によって天台宗が公認された。(※これにより、1月26日は天台宗開宗の日となった。)823年に、元号でもある延暦にちなんで『延暦寺』の寺号が許された。しかし、許可されたのは、最澄が亡くなった後のことである。最澄の死後、延暦寺に大乗戒壇の建立の許可がおりたことによって、独自に僧を養成できるようになり多くの有名な僧を輩出した。しかしその後、戦国時代に織田信長と比叡山が対立したことによって、1571年に延暦寺は焼き討ちにあい、多くの犠牲者を出してしまう。織田信長の死後、1585年に豊臣秀吉により延暦寺は再建されて、1604年には淀殿によって横川の中堂が再建された。また、現在の延暦寺は1642年に、徳川家光によって再建されたものである。今もなお、延暦寺は多くの人々に親しまれ続けている。

延暦寺の特徴

天台宗の総本山、『比叡山延暦寺』は、東塔、西塔、横川の3つのエリアに分かれている。東塔では延暦寺の総本堂でもある『根本中堂』、多くの重要文化財が展示されている『比叡山国宝殿』など、多くの堂がある。西塔には常行堂と法華堂の2つの堂が繋がっている『にない堂』、天台建築様式の代表とも言われている『釈迦堂』などの修行の堂が集まっている。横川は多くの有名な僧を輩出した地であり、『横川中堂』、『根本如法塔』などの建物がある。また延暦寺の境内では、春は桜、秋は紅葉を楽しむことができるため、四季折々の景色を求めて来る観光客も多い。

拝観時間
東塔地区
8時30分~16時30分(3月~11月)
9時00分~16時00分(12月)
9時00分~16時30分(1月~2月)

西塔・横川地区
9時00分~16時00分(3月~11月)
9時30分~15時30分(12月)
9時30分~16時00分(1月~2月)

拝観料
東塔・西塔・横川共通券
大人:700円
中高生:500円
小学生:300円

国宝殿(宝物殿)
大人:500円
中高生:300円
小学生:100円

アクセス

延暦寺駅より徒歩→8分
駐車場あり(※無料)

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。