キヤノンのデジタルカメラ

EOS Rとは

EOS Rは2018年10月にキヤノンから発売されたフルサイズセンサーを搭載したミラーレスカメラ。デジタルカメラ市場におけるミラーレスの人気の高まりを受けてキヤノンが初めて開発したフルサイズのミラーレス機になる。

特徴

EOS Rの特徴としては以下の点が挙げられる。

大口径マウント

EOS Rにて設計されている仕様であるRFマウントは、口径54mmのEFマウントを継承し、かつF値の明るい高画質のレンズを使用する事が可能になっている。そのためミラーレスカメラのウィークポイントであるレンズの種類に関してもEOS Rでは幅広くレンズを活用する事が可能になっている。

CMOSセンサー

CMOSセンサーは、EOS Rで3030万画素、EOS RPで2620万画素の35mmフルサイズのCMOSセンサーを使用しており、RFレンズ対応の光学設計の最適化することにより画質の解像力を引き出している。
また、手ブレ補正機能は5段分となるデュアルセンシングISとなっており、レンズのジャイロセンサーやCMOSセンサーの画像情報からブレ量を検出し、2つの情報を比較解析したのちにレンズで検出が難しいブレを高精度で検知し補正を行う。

画像処理エンジンDIGIC 8

EOS Rに搭載されている映像エンジンDIGIC 8とCMOSセンサーのバランスを保ち、それぞれがパフォーマンスを発揮できるように設計されている。なお、常用のISO感度は静止画で100〜40000となっており幅広いシーンで活用が出来る他、前述した豊富なレンズとの組み合わせにより、使用可能領域が増加する。

機能・性能

EOS Rのスペック

有効画素数:約3030万画素
撮像素子:35mmフルサイズCMOS
連続撮影速度:最高 約8コマ/秒
連続撮影可能枚数:RAW:約34枚
シャッタースピード:1/8000-30秒、バルブ
ISO感度:100~102400
測距点:5655点
撮影可能枚数:約370枚
サイズ:約135.8×98.3×84.4mm
質量(本体のみ):580g
カードスロット:シングルスロット、SD/SDHC/SDXCメモリーカード
動画記録方式:HDフルHD4K

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。