金融商品

上場投資信託とは

上場投資信託とは投資信託の一種で、金融商品取引所に上場され取引されている商品を対象とした投資信託のことを指し、一般的にはETF(Exchange-Traded Fund)という名称で用いられる事が多い。日本においては日本銀行が景気を下支えするために大量に購入することが多くしばしば話題に登る。

概説

上場投資信託(以下、ETF)は他の投資信託とは異なり、証券会社でしか取り扱いがなく、また対象となる投資信託は取り扱い機関により異なっている。
ETFは名前の通り上場している銘柄が対象となるため、株式取引などと同じように売買を行うことが可能。また指値、成行など一般的な金融商品の取引と同様に注文を行うことが出来る。

特徴

ETFは株価指数を対象としたものから不動産を対象としたREIT、商品(コモディティ)、など現在では多数の種類が存在しており、また国内外を問わず広くETFは存在している。
さらにETFは日経レバレッジ指数ETF(2倍)のようにレバレッジを利かせたETFも存在しており、空売りも出来るため取引において複数の選択肢が存在する。
なお、ETFには信託報酬と売買手数料が存在するが、指数を対象としたETFの場合は銘柄選定などが不要になるため、他の投資信託に比べると低く設定されていることが多い。ただし、売買手数料に関しては例えば株式であれば通常の売買と同じ金額が必要になるため注意が必要。

代表的なETF

国内

日経225連動投信
NF日経レバレッジETF
TOPIX連動型投信
NF日経インバースETF
国際のETFVIX
ダイワ投信-日経225
純金上場信託

海外

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
バンガード・S&P500ETF
バンガード 米国高配当株式 ETF
スパイダー ポートフォリオ S&P 500 高配当株式 ETF
バンガード・米国トータル債券市場ETF
iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。