仮想通貨取引所一覧

イーサリアムとは

イーサリアムは暗号資産(仮想通貨)の一種で、シンボルはETH。分散管理するアプリのことでプロジェクト名。創設者はロシア人のヴィタリック・ブテリン氏。2015年に開始以来人気を高めビットコインに次ぐ暗号資産の二番手としてのポジションを確立しつつある。

概説

イーサリアムは分散型アプリケーション(Dapps)と呼ばれる機能を持つプラットフォームにあたり、その一部として通貨機能を有するイーサがある。このイーサのブロックにはビットコインの機能である取引記録だけではなく、それ以外の不可情報も載せる事が可能で、この機能をスマートコントラクトと呼んでいる。

一方のアプリケーションとしてのイーサリアムに関しては、イーサリアムを基盤として様々なプロジェクトが開発を進めた事により、決済、契約といったものから取引所、果ては旅行系のアプリまで様々な”イーサリアムベース”のアプリが開発されている。

これらのプロジェクトが多く立ち上がったのが2017年で、プロジェクト内容を公開する(またはリリースする)際の資金調達の方法としてICOと呼ばれる手法が流行り、ICOに参加する際にイーサで受け付けるプロジェクトが多発した事から、イーサは2017年に大きく買われ値を上げる事になった。

但し一方でそのICOに関しては詐欺を前提としたプロジェクトも多発したため各国で規制が相次ぐなど問題も多く引き起こしている。

特にイーサリアムを用いたプロジェクトであったThe DAOが2016年に脆弱性を突かれ価格にして約65億円を盗まれるという事件は、問題を対処するためにイーサリアムの分裂にまで発展した。

メリット

イーサリアムはビットコインに次いで取り扱う取引所が多く、流動性が非常に高い。またイーサをベースとしたプロジェクトも非常に多く暗号資産界隈での影響力は大きい。以上の点からも立ち消えになってしまう可能性は他の通貨に比べても大きいと言える。またイーサリアムは定期的にアップデートを繰り返しており、当面の最終アップデート時にはイーサの発行上限が決まると言われており、価格上昇に期待している保有者も多い。

デメリット

イーサリアムのデメリットとしては、現状では発行枚数に制限が無いため希少性が薄い点と、中央集権では無い事に起因する開発の遅れ、アルトコインであることによる大きな価格変動、等が挙げられる。

現在と今後

イーサリアムはプロジェクトの規模で言えばビットコインに次ぐ存在である事は間違いないが、一方で2018年の相場のように下落トレンド時にはイーサリアムだけではなく、関連するイーサベースのプロジェクトも大きなダメージを受け大きな停滞を招いてしまう。今後に関して言えば、予定されているアップデートがどの時期に行われるのかは重要な要素となり、うかうかしていると他の新たな同機能を持つ勢力にポジションを奪われてしまう危険性も持ち合わせている。

暗号資産情報

名称 イーサリアム(Ethereum/ETH)
誕生 2015年5月(テスト環境移行時)
創設者 ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)
特徴 分散型アプリケーション、スマートコントラクト、他
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。