フェブラリーステークス(競馬)

フェブラリーステークスとは

フェブラリーステークスは日本中央競馬会(JRA)が開催するGIレースの一つで、競争名の通り毎年2月後半の時期に東京競馬場で行われている。年末に行われるチャンピオンズCと共にJRAで行われるGI競争の2つの内の一つ。

概説

フェブラリーステークスは1984年に創設された競争で、施行当初はフェブラリーハンデキャップというレース名でG3競走であった。その後1994年にG2に格上げされ1997年にG1に昇格し現在に至る。

前述した通り中央競馬にはダートのG1競争は少ないため、フェブラリーステークスは距離適性を問わずにダートの有力馬が出走してくるレースになる。また、初春に行われるドバイワールドカップの前哨戦としてもタイミングが良く、勝利馬の自走にドバイの競争を選ぶ馬も少なくない。

なお、コースに関しては2003年を除き第1回から現在まで東京競馬場の1600mコース(ダートコース)で行われている。

優先出走権

安田記念は以下のレースにおいて1着馬に優先出走権を与えている。

・東海ステークス
・根岸ステークス

歴代優勝馬

開催年 優勝馬 勝ちタイム 騎手 調教師
1984 (牡5)ロバリアアモン 1:40.1 吉永正人 松山吉三郎
1985 (牡6)アンドレアモン 1:36.9 中島啓之 松山康久
1986 (牡5)ハツノアモイ 1:36.7 大塚栄三郎 仲住芳雄
1987 (牡6)リキサンパワー 1:36.5 柴田政人 高松邦男
1988 (牡7)ローマンプリンス 1:37.7 増沢末夫 佐藤征助
1989 (牡6)ベルベットグローブ 1:37.2 郷原洋行 大久保房松
1990 (牡4)カリブソング 1:36.7 柴田政人 加藤修甫
1991 (牡4)ナリタハヤブサ 1:34.9 横山典弘 中尾謙太郎
1992 (牡4)ラシアンゴールド 1:35.4 蛯名正義 大久保洋吉
1993 (牡5)メイショウホムラ 1:35.7 柴田政人 高橋成忠
1994 (牡5)チアズアトム 1:37.8 本田優 星川薫
1995 (牡4)ライブリマウント 1:36.4 石橋守 柴田不二男
1996 (牝6)ホクトベガ 1:36.5 横山典弘 中野隆良
1997 (牡4)シンコウウインディ 1:36.0 岡部幸雄 田中清隆
1998 (牡6)グルメフロンティア 1:37.5 岡部幸雄 田中清隆
1999 (牡5)メイセイオペラ 1:36.3 菅原勲 佐々木修一
2000 (牡5)ウイングアロー 1:35.6 O.ペリエ 工藤嘉見
2001 (牡5)ノボトゥルー 1:35.6 O.ペリエ 森秀行
2002 (牡5)アグネスデジタル 1:35.1 四位洋文 白井寿昭
2003 (牡4)ゴールドアリュール 1:50.9 武豊 池江泰郎
2004 (牡5)アドマイヤドン 1:36.8 安藤勝己 松田博資
2005 (牡4)メイショウボーラー 1:34.7 福永祐一 白井寿昭
2006 (牡4)カネヒキリ 1:34.9 武豊 角居勝彦
2007 (牡5)サンライズバッカス 1:34.8 安藤勝己 音無秀孝
2008 (牡6)ヴァーミリアン 1:35.3 武豊 石坂正
2009 (牡4)サクセスブロッケン 1:34.6 内田博幸 藤原英昭
2010 (牡5)エスポワールシチー 1:34.9 佐藤哲三 安達昭夫
2011 (牡5)トランセンド 1:36.4 藤田伸二 安田隆行
2012 (牡6)テスタマッタ 1:35.4 岩田康誠 村山明
2013 (牡5)グレープブランデー 1:35.1 浜中俊 安田隆行
2014 (牡4)コパノリッキー 1:36.0 田辺裕信 村山明
2015 (牡5)コパノリッキー 1:36.3 武豊 村山明
2016 (牡4)モーニン 1:34.0 M.デムーロ 石坂正
2017 (牡4)ゴールドドリーム 1:35.1 M.デムーロ 平田修
2018 (騸6)ノンコノユメ 1:36.0 内田博幸 加藤征弘
2019 (牡5)インティ 1:35.6 武豊 野中賢二
2020 (牡6)モズアスコット 1:35.2 C.ルメール 矢作芳人
2021 (牡4)カフェファラオ 1:34.4 C.ルメール 堀宣行
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。

コメントを残す