野手選択

フィルダースチョイスとは

フィルダースチョイス(野手選択または野選:fielder's choice)は野球における野手が判断したプレーのことを指す用語だが、多くの場合において野手が判断を誤ったためにアウトに出来なかったプレーを指す。

概説

フィルダースチョイスは、例えばランナーが2塁にいる時に内野にゴロが飛んで来た場合に野手が1塁をアウトにしようとするのではなく、2塁ランナーをアウトにしようとして失敗し、結果的に2塁ランナーもバッターもセーフになってしまうようなシチュエーションで野選と記録される。なお、フィルダースチョイスはあくまでも選択を指す用語であって厳密には野選による進塁という表現が正しい使い方になる。ただし慣例的にフィルダースチョイスは打者走者以外のランナーをアウトにしようとして、結果的に全員セーフになってしまった状態の時に使われることが多い。

また、3塁ランナーをタッチアウトにしようとしている内に1塁ランナーに進塁を許してしまう場合などもフィルダースチョイスになる。
他では終盤に点差が離れている、あるいはサヨナラ負けの危険があるなどで、盗塁行為に対して送球しないことがある。この場合もフィルダースチョイスが記録される。

フィルダースチョイスは打数としてはカウントされるため打率は低下し、打点はランナーが走り続けた上で本塁へ到達した場合は記録されることになる。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。