フィルターバブル

フィルターバブルとは

フィルターバブル(filter bubble)はインターネット上の情報において自分が見たいものしか見えなくなっていくこと・状況のこと。登録した情報がより目に付くように配置したり(されたり)、不快なものを表示させないようにしたりといったサービス提供側のアルゴリズムによって起こる事象をバブル(泡)に包まれたように見えなくなると表現した概念でアメリカの作家・活動家であるイーライ・パリサー(Eli Pariser)が提唱した。

概説

現在、WebサイトやSNSなど多くのインターネット上のサービスにおいて、ユーザーの過去履歴や端末情報などを基に最適なものを表示させるような仕様が取り入れられている。その結果各ユーザーはアルゴリズムが最適としたものに迅速にアクセス出来るようになっている一方で、見たくないものに触れる機会が無くなり、最終的に特定の価値観や思考形式にのめりこみやすくなるとされる。
前述したパリサーはこの状況をそれまで情報について編集者という門番がいたが、それがインターネットによって取り払われたと思ったら次はアルゴリズムの門番に取って代わったとTEDの中で述べている。

なお、これらの見たくないものを選別するフィルター機能は各人が持つスマホと紐づいたブラウザ上のクッキーや履歴、あるいはスマホなどの端末情報を基に生成されるため、近年では個人情報の収集を巡って利用者とサービス提供元がトラブルになるケースも増加している。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。