白ロム

白ロムとは

白ロムとは携帯電話・スマホの回線情報を記録する方法で契約情報が未登録の状態(真っ白)の端末のこと。対して回線の契約情報が登録済みで店舗などで携帯電話やスマホを購入しSIMカードを入れて登録をされているものは通称、黒ロムと呼ばれる。

概説

通常、携帯電話・スマホを店舗などで購入する場合白ロムという存在を意識することは無い。しかし白ロムという状態の端末は携帯電話やスマホを機種変更または解約をした際に古くなった状態の端末を指すため、リサイクルに出さない場合であれば手元や自宅にある人も多く存在する。機種変更や解約を行うと契約者情報はすべて消去されるため、これがいわゆる白ロム機種になる。白ロムは契約者情報がないので、中古サイトやオークションサイトで販売されることも多い。

特徴

白ロムはSIMカードが無いため、電話やWi-Fi以外でデータ通信を行いたい場合は自身でSIMカードを用意する必要がある。その場合携帯電話キャリアあるいはMVNOと契約を行えばSIMが発行され、それを差し込めばそのまま携帯電話やスマホとして使用することが出来るようになる。また白ロムの機種に関しては新品の未使用のものから中古品まで様々なものが流通しており、購入して使う場合には条件に適しているかどうかを調べる必要がある。これは例えばSIMカードの形状が一致しているかどうか(時間は必要になるがSIMカードの形状はキャリアにて変更可能なケースがある)や、同じキャリアの機種であるかどうかは調べる必要がある。

白ロムを購入するケースとしてはメインで使っていた機種を変える際に安く済ませたいという場合、サブ機としてコストパフォーマンスがいい機種を探しているという人などは白ロム端末を選ぶと安く利用出来る。また、最近では格安SIMカードのプランも多くなってきたので、白ロムの端末に格安SIMを組み合わせると購入にかかる費用と月額料金共に費用を安く抑えることが可能。またWi-Fi環境が自宅にある場合などは、SIMを契約せずサブ機として使うケースもあり、この場合はゲームなどのために購入することがある。

注意点としては白ロム端末は、実際には赤ロムと呼ばれる契約者情報が残っている端末である可能性があり、その場合前の契約者が支払いなどを停止した際に端末にロックがかかりスマホの使用が出来なくなる恐れがある。そのため、中古品として購入する際には販売主の保証や実績などを確かめた上で購入することが推奨される。オークションなどは一定のリスクがあるため、その点を踏まえた上で購入する必要がある。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。