CSS

フルHDとは

フルHDとは画面解像度を表す用語であり、1920×1080ピクセルで表現される解像度の規格になる。「Full High Definition」を略した言葉であり、フルHD以外にも「フルハイビジョン」や「FHD/Full HD」など企業によって異なる名称が用いられる。

概説

解像度とは縦に○個、横に○個の点で構成されている画面であるという意味合いがあり、フルHDの解像度は1920×1080、つまり横に1920個、縦に1080個の点(ピクセル)を並べたものを指している。似た名称である1280×720のHDと比較して完全なHD画質であるということを示すためにこの名前が用いられるようになった。
なおフルHDのアスペクト比は16:9で、画素数は約200万で90度傾けるなど縦横が逆転した場合でもフルHDであることに代わりはないとされている。

フルHD対応のテレビやディスプレイを用いることで、地上デジタル放送やBlue-rayなどのHD映像を縮小することなく再生することが可能となる。しかしデジタルテレビ放送の場合1440×1080で放送されることも少なくなく、この場合受信機側が引き伸ばしてフルHD仕様にしているということもある。またフレームレートや走行方式の違いによって呼び分けられることもあり、走査線1080本を順次走行(プログレッシブ走査)するものは「1080p」、飛び越し走行(インターレーススキャン)するものは「1080i」と区別されている。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。