GAFA

GAFAとは

GAFA(ガーファ)は世界のIT分野において巨大な影響力を持つGoogle、AppleFacebookAmazon各社の頭文字を取った造語。なお、似たような造語としてNetflix社を加えたFAANGやMicrosoft社を加えたGAFAMなどがある。

概説

GAFAは元GoogleのCEOであったエリック・シュミット氏らが提唱した用語になり、英語圏ではBig Four tech companies(4大テクノロジー企業)とも称されている。

ITの世界においては黎明期に多くの競争が生まれ、結果その競争に勝利した企業は市場において大きなシェアを獲得する事に成功している。GAFAはその中でも象徴の企業であり、いずれもシステム・ソフトウェアを開発する企業になる。
各企業は技術を高める事でサービスを進化させており、より強固なプラットフォームを構築し続けている。またこれらの企業が突出して成功した背景としてはIT企業は他の業態に比べ拠点などの固定費が少なく、利益率が高い事も挙げられる。

一方で、GAFAはインターネット空間においてシェアを多く獲得し過ぎているため、近年では寡占化が問題視される機会も多い。
特に広告配信技術の高まりとスマートフォンの普及によりデジタルマーケティングの質が高まった現在においては、個人情報の扱いなどを巡って疑惑が報じられる事もあり、実際にFacebook社などは顧客のデータを外部機関であるケンブリッジ・アナリティカ社に個人情報を提供していたのでは無いかという疑いがかけられ、各方面から激しい追及を浴びている。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。