国内総生産

GDPとは

GDPはGross Domestic Productの略語で特定の期間における国内で生産された製品(商品)やサービスが生み出した付加価値のこと。

概説

GDPは主にその国における景況判断をする際に語られることが多い指標で、前年との対比や他の期と比較して景気の判断をすることが多い。その対比は経済性成長率として表され内閣府などで公表されている。

特徴

GDPは名目GDPと実質GDPに大別され、それぞれの違いとしては以下の通り。

名目GDP

名目GDPは前述したGDPと同じ意味で特定の期間に国内で生産された製品(商品)やサービスが生み出す付加価値のこと。ただし名目GDPが上昇しているからといって必ずしも景気は上向いているとは言えず、例えば名目GDPは上昇しているものの、物価がそれを上回り上昇している場合は所得よりも物価が上回って上昇しているということになり、景気は必ずしも良い状況とは言えない。なお、名目GDPはその期間における財の生産量とその財の価格を単純にかけて算出している。そのため名目GDPは物価変動の影響を受ける。

実質GDP

実質GDPは名目GDPから物価の変動分を取り除いたものになる。計算としては基準となる期間の価格を対象期間の生産量をかけて算出する。そのため、対象期間に財の価格が急上昇したとしてもその影響を排除することが出来、実際の状況を測ることが出来る。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。