ジェネレーションZ

Z世代とは

Z世代(ぜっとせだい)とは1990年代後半から2010年代前半に誕生した世代を指す言葉。生まれた時点からインターネット環境が普通に存在していた世代のこと。

概説

Z世代は主にアメリカなど海外で呼ばれる呼称で、アメリカでは過去の象徴的なタイミングの世代をジェネレーションXやYなどという呼称をつけており、Zはその一つになる。
この世代が注目される要因としては、デジタルに対する抵抗感が無い事に加えて、世界で最も人口が集中しており、特に1996年から2010年までの世代で全世界人口の3分の1をカバーしていることにある。またSNSなどの使い方にも長けており、積極的に活用する点も特徴の一つ。

グローバルにおいては特にマーケティングなどを考えた場合、この層が最もボリュームがあり、かつデジタルとも親和性が高いため、特にデジタルマーケにおいては注目されている世代で、この世代がどの媒体に注目しているかは今後のプラットフォームの動向を決めると見られており、多くのプラットフォーマーがユーザーを獲得するために多くのキャンペーンを張っている。

なお、主にスマホを使いこなすスマホ世代でもあり、パソコンよりもスマホを好む傾向があるという指摘が教育現場を中心に唱えられている。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。