玄米

玄米とは

玄米(げんまい)は籾殻を取り除いていて精白されていない状態の米のこと。籾殻を取り除くと糠や胚芽や胚乳が残りその状態が玄米で、さらに精米を進めて胚乳のみにした状態が白米となる。

概説

玄米は白米と比べてミネラルや食物繊維の含有量が多く、この特徴があるため玄米は健康的な食品だと多くの人に認識されている。
一般的に白米と玄米を比較するとそれほどスタンダードに食べられているわけではないが、健康需要の高まりと共に玄米を好む人は年々増加している。健康ブームが到来する度に、玄米や玄米を加工した食品には注目が集ることが多い。玄米は香ばしい香りと風味の特徴があるため、その特徴を活かした食品も存在する。

玄米を用いた食品など

玄米は番茶や抹茶に玄米を混ぜた玄米茶として使われることが多く、主食として使われる以外では使用頻度が多い。お茶は香りや風味を楽しめる食品になるため、玄米との相性がよく、番茶や抹茶の渋さとまろやかさに玄米の香ばしさと風味が加わり、独特の味わいを醸し出す。また味がまろやかになるためとても飲みやすいのも、玄米茶の魅力の1つに数えられる。

また、玄米カレーも玄米を使った料理として広く知られている。米とカレーの相性が良い点を活かし、白米ではなく玄米が使われる。玄米カレーは、白米と比べてあっさりしており、前述したようにミネラルや食物繊維といった栄養素を取ることが出来るため、これらの栄養成分を積極的に摂取したい場合などに玄米が使われることがある。
ただし、カロリーとしては玄米は白米に比べて大きく下がるという訳ではないため、ダイエット目的で玄米食にした場合、玄米だからといって取りすぎてしまうとダイエットには繋がらない。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。