富士フイルムのデジタルカメラ

GFX100とは

GFX100は富士フイルム株式会社が製造するデジタルミラーレスカメラで約1億200万画素のセンサーを搭載している。

概説

GFX100は富士フイルムのミラーレスカメラのシリーズであるGFXシリーズの一つとして2019年6月28日に発売された。本機の特徴は何といっても1億画素を突破した高画素のイメージセンサーであり、中判カメラ並みの性能を持ちながらもコンパクトであるという点が挙げられる。

機能・性能

当機の性能としては有効画素数が約1億200万画素となり標準ISO感度は100~12800となっている。横43.8mm×縦32.9mmの巨大なイメージセンサーがもたらす効果は圧倒的な解像度に加え、トリミングする幅が非常に大きい点が考えられる。その他手ブレ補正機能やUSB充電など他多くのミラーレス機に搭載されている機能は一通り網羅されている。また3.2型の液晶モニターは236万ドットを有しており、また3方向へ稼働するタイプのため様々なシーンでの活用に優れている。

動画機能は4K(30P)に対応しており、wifi機能も搭載している。

珍しい点としてはバッテリーが2つ使用可能になっている点で、これにより従来よりも相当長く使用が継続できる。またバッテリーは一つのみ装着しても稼働し、USB-Cからの充電やモバイルバッテリーからの給電も可能。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。