ギグエコノミー

ギグ・エコノミーとは

ギグ・エコノミー(Gig Economy)とはインターネットを使って仕事の依頼を受け付け、その後受注した仕事行う事で報酬を得る働き方のこと。ライブハウスでバンドが行うライブをGIGと呼ぶことから転用してこの呼び名が定着している。アメリカを中心に普及し、日本でも副業を行うサラリーマンや遊休時間のある主婦、または大学生などを中心に広まりつつある。

概説

ギグ・エコノミーでは主にクラウドワーキングサービスを用いて仕事を行う事が一般的である。
代表的な例として、Uberのようなドライバーや日本で言えばクラウドワークスやランサーズから受注するオフィスワークに準ずる仕事等がメインとなる。またAirbnbのような空き家を貸すような業務もギグ・エコノミーに含まれると言う人も多い。
ギグ・エコノミーが発展した背景としてITの発達とともにインターネット環境さえあれば場所を選ばず仕事が出来るようになった結果、それまでは通勤などが難しかった人も仕事に取り組む事が可能となり、また直接発注する事で安価に仕事を発注できるという利点もあり、こうした経済圏は発展している。

課題・問題点

ギグエコノミーの抱える問題点としては、あくまでも単発の仕事がメインと言う事もあり、労働法などが適用されず、また賃金なども保障されていないため、多くの労働者が安い金額で仕事を受けざるを得ない状況に陥ってしまう事が挙げられる。
また多くは一人で仕事を行っていくため社会的に孤立してしまうという事象も課題として語られるようになった。
現状ではフリーランスの良い点が多く語られてしまう事が多く、気付いた時には安い仕事を受け続けなければならない状況になっていたという事例も多く存在する。拡大するソーシャルワーク市場においてアメリカなどでは規制をすべきという声も多く挙がっている。

主なギグ・エコノミー関連サービス

Uber(ライドシェア)
Lyft(ライドシェア)
Postmates(買い物代行)
Airbnb(宿泊施設提供)
DoorDash(食事配達)
クラウドワークス(クリエイション代行)
ランサーズ(クリエイション代行)

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。