グラブ

Grabとは

Grabはシンガポールに拠点を構えるGrabTaxi Holdingsが開発・提供しているタクシーなどの配車サービスを行うアプリケーション。東南アジアを中心に利用者が増加している。

概説

Grabはもともと2012年にMyTeksiという名称で事業をスタートし、サービス自体も同名であった。翌年2013年にGrabTaxiという名称に変更しサービスをマレーシア以外の国でも提供し始める。
Grabは当初、マレーシアを拠点としていたが、事業を拡大・加速させるためにシンガポールに拠点を移している。現在はマレーシアを中心にシンガポールやタイ、ベトナム、フィリピン、カンボジア、ミャンマーなど東南アジアにおける主要な国々でサービスが提供されており

特徴

Grabは同じ配車サービスであるUberの東南アジア版のような位置づけで活用され、スマホを用いて利用する。
アプリケーションの中でコミュニケーションが行うことができ、また同社が提供している決済サービスであるGrab Pay(クレジットカードと連携させる)を活用することで、キャッシュレスでの支払いも可能となっている。
仕様に際しては、位置情報を把握するためにスマホのGPS機能を使う。

仕様に際してはGoogle PlayやApp Storeからアプリケーションをダウンロードし、使用するためのアカウントを作成する必要がある。
アカウントに関してはGoogleアカウントをはじめ、Facebookアカウントや電話番号での登録も可能。
使用する際には住所アドレスや地図から現在位置を入力し、目的地も同様に入力した上で付近を走る車を選択して予約を行う。
支払いに関して言えば前述した通り、クレジットカード決済を行うことで自動的に決済が行われるため、ドライバーへ直接支払う必要はない。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。